フランク王国は「カロリング帝国」という別名でも呼ばれているそうですが、これはなぜですか?

フランク王国が「カロリング帝国」という別名で呼ばれるのは、カロリング朝のカール大帝以降のフランク王国です。

 

フランク王国はカール大帝の治世で、その版図を最大に広げ、西ヨーロッパ全域を支配する大帝国に成長しました。そのため以降のフランク王国は「カロリング朝」という王朝名にちなみ「カロリング帝国」と呼ばれているのです。

 

歴史学的には、「カロリング帝国」の始点は、カール大帝が「西ローマ皇帝」として戴冠を受けた800年で、終点はヴェルダン条約により領土が3つに分裂する843年(もしくは神聖ローマ帝国が成立する924年)とされることが多いです。

 

カロリング帝国の時代のフランク王国は政治的にも文化的にも大いに発展し、ルネサンスの先駆けとなった「カロリング朝ルネサンス」と呼ばれるラテン文化復興運動も起きています。