アイスランドの地形

アイスランドは、「火と氷の国」という通り名通り、広大な溶岩砂漠と氷河が広がる国です。さらに、複雑に入り組んだ海岸線(フィヨルド)、広大な高原、海嶺により形成された独特な岩肌などなど、この国の地形はなかなか変化に富んでいることで知られます。

 

 

 

アイスランドの地形的特徴

フィヨルド

アイスランドの海岸線には、複雑に入り組んだフィヨルドと呼ばれる地形が多数存在します。他にない独特な自然景観が観光資源にもなっている他、入り組んだ地形は水生生物には住み良い環境なので、漁業もさかんに行なわれています。

 

火山

アイスランド島の中央を大西洋中央海嶺(プレートの境目)が貫通している関係で、アイスランドには多くの活火山が存在します。豊富な火山は、地熱発電に利用され、国内の消費電力の3割をまかなうなど、この国の経済活動に欠かせないものになっています。

 

また首都レイキャビクに近い、海嶺露出部にあたるシンクヴェトリルには、プレートが左右に引っ張られることで生じた「大地の亀裂」が多数存在し、アイスランドでしか観られない天然記念物になっています。

 

氷河

氷河(アイスランド語でヨークトル)とは、雪が堆積し出来た、1年中解けることのない厚い氷の塊のこと。アイスランドでは陸地のおよそ1割を氷河が覆っており、ヒビ割れが生じた岩肌のような氷河もあれば、平らな雪原のような氷河も存在します。多くの氷河は火山を覆うようにして存在しており、火山活動により氷河が溶け、解けた水により氷河湖決壊洪水を引き起こすことがあります。