ヨーロッパが乾燥するのはなぜ?〜対策を知っておこう〜

ヨーロッパに行くと唇がカサカサになる、髪が傷む、肌が荒れるなんて声を聞き、乾燥に弱い人は訪欧を前に心配するかもしれません。これはおそらくイタリアやスペイン、ギリシャなどの地中海性気候が支配的なヨーロッパ南部地域に行った人の実感だと思います。地中海性気候地域の夏は非常に乾燥するのが特徴なのです。その代わり、湿気が少ないので、高温のわりに過ごしやすいという利点もあります。

 

逆に冬季は偏西風の影響で雨が多くなるので、乾燥がどうしても気になるのなら冬に行くのも選択肢!南欧の冬はそれほど寒くもならず過ごしやすいかと思います。どうしても夏季に行くという場合は、クリームなどの乾燥対策グッズを万全にしておくことをおすすめします。

 

地中海沿岸の夏は、雨が極端に少なくなるので、古来よりから灌漑農業がさかんに行なわれています。乾燥に強いオリーブやブドウなどの果物、柑橘類などの栽培生産で有名です。

 
ページの先頭へ戻る