ロシア革命とフランス革命との違いとは?

ロシア革命とフランス革命にはどのような違いがありますか?

1789年のフランス革命と1917年のロシア革命を比較した時、まず共通点でいえば、どちらも戦争により生活が圧迫され、不満が頂点に達した民衆が政府に対して放棄を起こした、という点が挙げられます。その戦争というのは、ロシアの場合第一次世界大戦で、フランスの場合アメリカ独立戦争でした。

 

またフランスではルイ16世、ロシアではニコライ2世と君主が処刑されている点、フランス革命戦争、シベリア出兵のように革命の波及を恐れた周辺国が干渉戦争を仕掛けた点も同じです。

 

そしてレーニンはフランス革命を徹底的に研究したといわれており、反対派を次々とギロチンにかけたロベスピエールほどとは言わないまでも、反対派を追放するなど排除を徹底する方針をとっています。

 

一方でフランス革命は事実上、封建制から資本主義社会への移行を目指す革命でしたが、ロシア革命は資本主義社会を脱し、社会主義社会を目指す革命であったという点で、両者の性質は大きく異なりますね。

 

またフランス革命は結果的には反革命勢力の勝利で王政復古を遂げていますが、ロシア革命後に帝政が復活することはありませんでした。