スウェーデン国旗の色の意味とは?

スウェーデン国旗の色の意味とは?

 

スウェーデンの国旗は青地に金のスカンジナビア十字が描かれたデザインになっています。青十字旗または金十字旗などと呼ばれています。背景の青は澄んだ空、そして金色のスカンジナビア十字はキリスト教、自由、独立を表しています。

 

国旗の歴史

スウェーデンの国旗の起源については、記録が少なくはっきりしたことはわかっていません。しかし現在の国旗の色使いとデザインについては、15世紀のスウェーデン王家の紋章が元になった可能性が高いといわれています。その紋章は青地が金色のクロスパティで4つに区切られていました。

 

青地に金十字の起源とは

「青地に金十字」の起源についても諸説ありますが、十字軍遠征の際にスウェーデン王エリク9世が、フィンランドの地で「青空に金の十字を見た」という言い伝えが反映されたもの…という説が1つ知られています。のちに実用性の観点から、金十字は黄色の十字に変更されています。