日本におけるイタリアン普及の歴史

世界中に大人気のイタリアンは日本でも人気で、イタリアンレストランも数多くあります。日本でイタリアンはどのように普及していったのでしょうか。今回は日本におけるイタリアンの歴史を紹介します。

 

イタリアンレストランの広がり

日本で最初のイタリアンレストランは、1881年、新潟県にてイタリア人ピエトロ・ミリオーレが創立した「イタリア軒」です。

 

その後、日本各地にイタリアンレストランが広まったのは1950年以降でした。第二次世界大戦後、日本に残されたイタリア人がレストランを次々と創業し、伝わっていきます。

 

当時はイタリア人が経営するレストランが主流だった中、日本人が初めてイタリアンレストランを開いたのが1960年の「キャンティ」です。数多くの著名人が利用しています。

 

イタ飯ブームの到来

1980年代から90年代にかけて、日本に「イタ飯」ブームが到来しました。80年代といえばバブルがありましたが、当時の雰囲気とイタリアンの賑やかなイメージの親和性が高かったからか、イタリアンがブームとなっていきます。

 

特にフレンチにはないラフなスタイルや分かりやすいメニューが若者に受けて広まっていきました。メディアや雑誌でもイタリアンを多く取り上げるようになり、人気は更に高まります。

 

やがて2000年代になると、「イタ飯」という言葉は廃れていきました。しかし、日本でのイタリアン人気は今でも健在です。

 
ページの先頭へ戻る