十字軍遠征とルネサンスの実は深い関係とは?

十字軍遠征とルネサンスにはどのような関係があるのですか?

11世紀から始まる十字軍遠征と14世紀から始まるルネサンスには、実はとても深い関係にあります。

 

宗教的には大失敗に終わった十字軍遠征ですが、商業的にはヨーロッパに思わぬ功をもたらしました。

 

十字軍遠征を繰り返すうちに東方との交易路が開拓され、地中海を介した東方オリエント世界との交易「東方貿易(レヴァント貿易)」が活発化

 

地理的に交易拠点として適していたイタリア諸都市(ヴェネツィア、ジェノヴァ、ピサ、アマルフィなど)を中心に、ヨーロッパに商業的繁栄がもたらされたのです。

 

ルネサンス文化は14世紀にイタリアから始まりますが、これはなぜかというと、イタリア諸都市が東方貿易により政治的・文化的に成熟し、ルネサンスが興る下地が最も整っていたからなのですね。

 

東方貿易の交易品
東方オリエントからはヨーロッパへは香辛料・絹織物・染料・宝石など、ヨーロッパから東方負い円とへは毛織物や銀、木材などが送られていました。