産業革命と資本主義確立の関係とは?

産業革命と資本主義の確立にはどのような関係があるのですか?

産業革命は近代資本主義確立のきっかけとなった生産技術上の革新といえます。

 

蒸気機関の発明で、従来の工場制手工業(マニュファクチュア)から工場制機械工業に移行し、生産活動の中心が農業から工業に移行。

 

これを受け、農村で働いていた人が都市に移り、資本家(※1)から労働の代価としてお金を受け取る賃金労働者として働くようになるのです。

 

こうして資本家と賃金労働者の関係が出来、商品を生産し、利潤を追求する資本主義体制が確立されたのです。

 

※1:イギリスは18世紀以降、三角貿易を通じて資本の蓄積が進み、生産手段(機械設備を整えるなど)を持つ資本家が多数存在していました。