ラトビアの年表

 

ラトビア(正式名称:ラトビア共和国)は、北ヨーロッパのバルト海沿岸に位置する共和制国家です。国土は西はバルト海に面し、北はエストニア、南はリトアニア、東はロシアと国境を接することで構成され、気候区は亜寒帯湿潤気候に属しています。首都はバルト海の真珠として知られるリガ。
この国ではとくにITが発達しており、中でも情報通信技術製品の生産がさかんです。また小高い森林が広がっていることを背景にした林業もこの国の基幹産業となっています。
そんなラトビアの歴史は、13世紀この地域に建設されたドイツ騎士団の拠点から始まるといえます。その後リヴォニア戦争(1558年〜1583年)終結にともないリトアニア・ポーランド領となりましたが、その後はスウェーデン・ポーランド戦争(1629年)の結果スウェーデン領に、北方戦争(1721年)の結果ロシア領およびポーランド領に、ポーランド分割により全土がロシア領に・・・というように目まぐるしく支配者が変わっていきました。第二次世界大戦以後はソ連の実効支配を受けますが、冷戦時代末期の1990年に独立を宣言して現在に至る・・・というのがこの国の歴史のおおまかな流れです。ここではそんなラトビアの歴史的歩みをもっと詳しく年表形式で振り返ってみましょう。

 

ラトビアの歴史年表

8世紀末 バイキングによる支配
1202年 リヴォニア帯剣騎士団による支配
1237年 リヴォニア騎士団による支配
1558年 リヴォニア戦争(〜83年)
1561年 リガが帝国自由都市に
1562年 クールラント・ゼムガレン公国の成立
1581年 ポーランド・リトアニア共和国による支配
1629年 リーフラント(スウェーデン領)・クールラント(ポーランド領)の成立
1730年 ロシア帝国による支配
1819年 農奴解放
1918年 ラトビア共和国として独立宣言
1920年 ソヴィエト・ロシアと和平条約を締結
1922年 憲法制定
1940年 ラトビア・ソビエト社会主義共和国の成立
1941年 ナチス・ドイツによる支配
1989年 バルトの道
1991年 ラトビア共和国として独立を回復
1992年 バルト海諸国理事会に加盟
2004年 北大西洋条約機構(NATO)・欧州連合(EU)に加盟
2008年 世界金融危機
2014年 ユーロ通貨の導入
2016年 OECDに加盟