イタリアンスパゲッティとナポリタンの違いとは?

イタリアンスパゲッティとナポリタンの違いとは?

 

イタリアンスパゲッティ」と「ナポリタン」は、どちらも日本発祥のスパゲッティ料理です。玉ねぎ、ピーマン、マッシュルーム、ウインナー、ベーコン等を炒め、麺とケチャップを絡めたスパゲッティを「イタリアンスパゲッティ」や「ナポリタン」と呼びます。しかし、なぜ同じ製法なのに複数の呼び方が存在するのでしょうか。以下、簡潔に解説致します。

 

 

イタリアンスパゲッティとは

一般的にナポリタンと呼ばれているものを、「関西圏」ではイタリアンと呼びます。トマトらしさを際立たせる見た目が、イタリアのスパゲッティを連想させるため、そのまま「イタリアン」と名付けられたのが有力な説とされています。

 

名古屋ではステーキ皿に薄い卵焼きを敷き、その上にスパゲッティを載せたものを鉄板イタリアンや鉄板スパゲッティと呼びます。

 

その他にも、関東の一部や東北地方ではケチャップ抜きのナポリタンを、イタリアンとして出す店があるようです。

 

地方によって様々なイタリアンスパゲッティが浸透しています。

 

ナポリタンとは

ナポリタンは日本発祥のスパゲッティ料理で、「関東圏」を中心に全国的にその名が呼ばれています。

 

歴史はそこまで古くなく、昭和20年代に横浜の洋食店からナポリタンが誕生したといわれています。当時のシェフが庶民向けにと、高級だったトマトの代わりにケチャップを用いたスパゲッティ料理を考案し、それが現在のナポリタンの形になり全国的に広まったとされます。

 

「ナポリタン」の由来

ナポリタンの名前の由来ですが、フランスではトマトソースを使う料理は「ナポリ風」と名付けられ、それを語源にナポリタンという名前が生まれたという説があります。