フランク王国の最盛期はいつですか?

フランク王国の最盛期はカール大帝(在位:768年〜814年)の時にやってきました。カール(フランス語ではシャルマーニュ)はピピン3世の死後、弟カールマンと共同で即位し、771年の弟の死にともない単独の王となります。

 

即位後、周辺のゲルマン諸王国を併合することで、領土拡大を進め、774年には教皇からの要請でランゴバルド王国を征服。次いで北イタリア、バイエルン、ザクセン、パンノニア(現ハンガリー)などを併合し、北海から地中海にまでいたる、西ヨーロッパの全領域(ブリテン島を除く)を治める大帝国を築き上げたのです。※1

 

そして800年、カールがローマ教皇より西ローマ帝国皇帝として戴冠を受けたことで、王国はキリスト教世界の保護者としての権威も獲得しています。まさに繁栄の頂点に達した瞬間といえるでしょう。

 

そしてカールは領土を大きくしただけでなく、学芸を奨励し、失われた「純粋なラテン語」の復興に力を入れるなど、ルネサンスの先駆けといわれる「カロリング=ルネサンス」を体現したことでも有名です。

 

※1:カールは伯(コムス)と呼ばれる地方支配制度を整えることで統治機構を強化し、広大な領域を統制していました。