オーストリアの有名な山一覧

オーストリアはチロル州、ザルツブルク州、ケルンテン州を中心に全体山がちな国で、国土の6割を海抜500m以上のアルプス山地が占めています。最高峰は標高3798mのグロースグロックナー山。山岳部では登山列車が運行し、山がちな地形を利用したウィンタースポーツがさかんに行われています。また山村地域では古くから農家が営まれています。

 

 

グロースグロックナー山

標高:3798m
位置:西部ザルツブルク州およびケルンテン州
山系:ホーエ・タウエルン山脈
解説:オーストリア最高峰。周囲は多様な地形・動植物で溢れるホーエ・タウエルン国立公園となっており、その規模は中欧最大。また北東部の斜面に東アルプス最大(長さ約9キロ)のパステルツェ氷河がある。

 

ダッハシュタイン山塊

最高峰:Hoher Dachstein(2995m)
位置:オーストリア中央部
山系:アルプス山脈
初登頂:1832年Peter Gappmayrにより
解説:東アルプスの一部をなす石灰岩アルプス。洞窟が多く、「マンモスの洞窟」と呼ばれる国内最大級の洞窟を擁する。

 

トラウンシュタイン山

標高:1,691 m
位置:オーバーエスターライヒ州
山系:アルプス山脈
解説:観光地・保養地として人気なザルツカンマーグートの一部。オーストリア帝国時代は皇帝の狩猟場として使われていた。