ベルギーの気候的特徴

西ヨーロッパに位置するベルギー王国の気候的特徴について地域別に情報をまとめています。

 

 

全体的な気候

ベルギーの大部分は、暖流である北大西洋海流の影響により、夏はそこまで暑くならず、冬は緯度のわりに温かい「西岸海洋性気候」が支配的です。気温の年較差も少なめとなります。

 

南部の気候

ベルギーの南東部、海抜350〜500mの丘陵地帯(アルデンヌ高地)に関しては、冷涼・湿潤な気候となっており、大部分が森林で覆われ、酪農やビート栽培、林業がさかんに行われています。

 

内陸部の気候

ベルギーは内陸部にいくほど、気温の日較差・年較差が大きく(冬は寒く夏は暑い)、晴れる日が多く降水量が少ない「大陸性気候」の特徴が顕著になっていきます。降水量の年変動も多いです。