フランス革命による日本への影響とは?

18世紀に起きたフランス革命は、自由と平等の価値観の概念を普遍化するきっかけとなり、世界史の中でも大きな事件となった市民革命です。

 

ヨーロッパで起きたその大きな革命は、遠く東の地の日本にも影響を与えたと言われています。

 

では、フランス革命は日本にどのような影響を与えていったのでしょうか。

 

実はフランス革命は、日本における思想と具体的な社会の動きにも影響を及ぼしているのです。

 

 

日本人はフランス革命をいつ知った?

1789年より起きたフランス革命のとき、日本は徳川幕府の治世の江戸時代で、鎖国の真っ只中でした。

 

当時幕府は、オランダと中国に限り貿易を認めていました。

 

オランダが日本へ来るたびに幕府へ提供した、『和蘭風説書』が唯一の海外からの情報源でした。

 

この『和蘭風説書』はオランダ商館が長崎に移され、オランダとの貿易の拠点となった1641年より日本へ提供され、1859年まで続きました。

 

フランス革命が起きた数年後に、幕府関係者の一部しか閲覧できない『和蘭風説書』で、

 

  • フランスで革命と混乱が起き国王が処刑されたこと
  • オランダやヨーロッパ諸国がフランスに対抗し戦争が起こったこと
  • ナポレオン・ボナパルトの活躍

 

などが知らされていました。

 

フランス革命への共感から自由民権運動に

フランス革命が一般的に広く知れ渡るようになったのは、フランス革命より約100年経った、鎖国も終わった明治時代に入り、欧米から文化・情報も日本に入ってくるようになったころと推定されています。

 

フランス革命で根本とされた、自由や民主主義の概念やルソーの啓蒙思想は、世界のナショナリズムに影響を与えてきましたが、日本にとっても民主主義政治を進める指針となっていきました。

 

明治時代の日本、憲法の制定や国会の開設により、国民が政治に広く参加する権利を求めて自由民権運動が起こります。

 

そこで主要となって関わっていた、中江兆民(1847年〜1901年)はフランス留学でフランス革命を経たフランスの政治思想に影響を受け「東洋のルソー」と呼ばれていました。

 

フランス革命で民衆が権力を打破し社会体制を変えたという出来事は、日本の政治体制の変革を目指す日本人に成功例として広く影響を与えていったのです。