ブルガリアの民族衣装の特徴

ルーマニアやセルビアに隣接し、東方オリエント世界とも隣り合う地理的状況から、多様な文化圏との交流の中で発展してきたのが、ブルガリアの民族衣装です。

 

とくに有名なのが、「スクマーン」と呼ばれるブルガリアの女性が着るワンピース型の民族衣装で、中世来の非常に長い歴史を持っています。

 

古代ギリシア時代の「トゥニカ」から派生・発展した経緯があり、特徴としては

 

  • 襟ぐりが狭くて深い
  • 基本袖がない(まれに長袖タイプもあり)
  • ウール素材
  • 色は黒が基調

 

などが挙げられます。

 

このスクマーンは、長袖のワンピース「スモック」の上から重ね着するのですが、スモックの襟に施された刺繍が、スクマーンの深い襟ぐりから見えるようになっているなど、なかなかに工夫が凝らされたデザインになっているのです。