ギリシャ神話

ギリシア神話とは、古代ギリシャ人により創作された、オリュンポス12神を中心とした伝承のことです。主神以外にも様々な神々、人間の英雄も登場し、天地創造や英雄譚の他、何気ない日常話や人間らしい愛憎劇まで、幅広い展開が繰り広げられるのが特徴です。神々は美しい人間の姿をしており、様々な能力の他、嫉妬や憎悪といった人間らしい豊かな感情も持っているため、神々が人間界に介入しては、女性を手籠めにしたり、戦争の種をまいたり、あらゆる諍いを起こすなど、神の個性に応じて話のバリエーションも豊富にあるのもギリシア神話の面白いところです。

 

 

ギリシア神話の歴史

前2000年頃ギリシアに侵入したギリシア人が、もともと持っていたゼウス神にまつわる伝承と、ミノア・ミケナイ・トラキアなど先住民族の土着の伝承とを融合・発展させていく中で成立しました。少なからずエジプト神話メソポタミア神話にも影響を受けています。

 

そんなギリシア神話は長らく口頭で伝承されてきましたが、前9世紀頃、吟遊詩人ホメロスが、二大叙事詩『イリアス』と『オデュッセイア』として伝承を初めて体系化したのです。次いで前7世紀頃、ヘシオドスが『神統記』『仕事と日々』として体系化しました。

 

ギリシア神話の価値

ギリシア神話は、後世の哲学や歴史学に多大な影響を与え、世界に数ある神話の中でもとりわけ知名度が高い伝承です。詩・戯曲・叙事詩といった数あるヨーロッパ文芸作品の題材になるなど、今や文化史上の重要な財産と位置づけられているのです。

 

ギリシア神話はギリシア文化の骨格を成し、ギリシア文化はヨーロッパ文化の骨格を成しているが故に、ヨーロッパ文化を真に理解する為にはギリシア神話の知識は必要不可欠なものともいえるのです。

 

ギリシャ神話の神々

ギリシャ神話の主な神々はオリュンポス十二神といわれる男6人、女6人で成る神々です。伝承によってこの神々の構成は微妙に異なり、例えば12番目の神はディオニソスであることもあれば、ヘスティアであることもありますし、ハデス、ペルセポネは十二神に含めないのが普通ですが、希に含めることもあります。

 

オリュンポス十二神

1.ゼウス:天上の最高神
2.ヘラ:結婚、母性、貞節の女神(ゼウスの正妻)
3.アテナ:知恵・芸術・戦略の女神
4.アポロン:太陽神
5.アフロディテ:愛と美と性の女神
6.アレス:戦を司る神
7.アルテミス:狩猟・貞淑の女神
8.デメテル:大地・豊穣の女神
9.ヘファイストス:炎と鍛冶の神
10.ヘルメス:神々の伝令
11.ポセイドン:海と地震の神
12.ディオニソス:ブドウ酒と演劇の神
12.ヘスティア:炉の女神
∞ハデス:冥界の神
∞ペルセポネ:冥界の女神(ハデスの妻)

 

 

ギリシャ神話に関する記事一覧

dummy
ギリシャ神話で「最強の英雄」とされるのは?

ギリシャ神話は神々と英雄の織り成す壮大な物語ですがその中でも群を抜いて様々なエピソードを有するのがヘラクレスです。ゼウスがミケーネ王の娘アルクメネとの間に作った子供で、半神半人、様々な武芸を極めた剛力の持ち主です。ですが、ゼウスの正妻ヘラの嫉妬や恨みにより様々な困難に見舞われるのですが、それをことごとく打破していくのです。ヘラクレスの十二の功業ヘラによって狂気を吹き込まれたヘラクレスは、自分と異父...

Read More
dummy
ギリシャ神話で「最強の怪物」とされるのは?

どの様な神話にも英雄はつきものですが、圧倒的な存在感のある敵も同じです。テュポーンは神とも怪物ともいわれている巨人であり、ギリシャ神話における最大最強の怪物です。ゼウスに対するガイアの怒りから産み落とされた存在であり、ゼウスと死闘を繰り広げるほどの力の持ち主です。一度はゼウスを無力化し洞窟に封じ込めてしまったほどの恐ろしい存在です。圧倒的な姿と力非常に大きく、頭は星にまで届き、腕は伸ばせば世界の東...

Read More
dummy
ギリシャ神話における「鳥の怪物」とは?

ギリシャ神話には神や英雄と戦う怪物がたくさん出てきます。他の神と同じように生まれてきても恐ろしいものも多く神々や英雄と同じくらい有名なものも多いです。ハーピー半人半鳥、顔から胸までが人間、下半身が鳥の怪物で、容姿は醜い女性か老婆の様な顔をしているといいます。冥府の王ハデスのに従っていて、地下や墓地に住み着いています。ワシの様な鉤爪で食べ物なら何でもすべて食べ漁り、悪臭を放ったりうるさい鳴き声で騒ぎ...

Read More
dummy
ギリシャ神話における「太陽神」とは?

人々は昔から自然の中の大きな力、見えない存在を神として崇拝してきました。その中でも神話において太陽神は特に重要視されてきました。ですが、ギリシャ神話においては神々は非常に人間くさく描かれていることが特徴であり、あまり他の神話や宗教ほどは絶大に崇拝される存在というわけではありません。そして、ギリシャ神話には太陽神とされる神が複数存在するのです。ギリシャ神話の太陽神一覧ヘリオスギリシャ神話における太陽...

Read More
dummy
ギリシャ神話における「創造神」とは?

どの神話にも、世界の始まりや、最初の原初の神が存在しています。ギリシャ神話では、世界、天地が神によってつくられるというより、神が天地そのものであるため、その神々の誕生ががそのまま天地の創造、由来だと言えます。原初の神カオスカオスはギリシア神話の原初の神です。ゼウスを主神としたギリシャ神話全体の、一番最初にあらわれた神とされています。カオスとは「空の空間」を意味する言葉で、吟遊詩人オルフェウスはすべ...

Read More
dummy
ギリシャ神話はいつできた物語なの?

ギリシャ神話の起源は、およそ紀元前2000年代にまで遡るとされます。ギリシャ地方最古の文明でもある、紀元前26世紀〜12世紀まで続いたエーゲ文明。さらにその中のミケーネ文明のことがギリシャ神話に登場しているのです。神話の中に存在する、実在した都市ミケーネミケーネ文明の中心都市ミケーネは最高神ゼウスとペルセウスが作ったという一説があります。つまり、これにより既にミケーネが存在していたころにはギリシャ...

Read More
dummy
ギリシャ神話における「天空神」とは?

空と大地が対になっているという観点はインド=ヨーロッパ民族に共通している概念なのだそうですが、ギリシャ神話にも天と大地の神が存在しています。天の神ウラノスギリシャ神話の天空神ウラノスは、神々の王であり、全宇宙の支配者です。「ウラノス」とはギリシャ語で天を意味し、天そのものを神格化したものだと考えられています。ただし後述のエピソードから、古代ギリシャではあまり崇敬の対象ではありませんでした。去勢され...

Read More
dummy
ギリシャ神話における「海の神」とは?

ギリシア神話には様々な神が存在しています。戦いの神、愛の神などの人間の行動に関わる神などの他に、大地の神、風の神など、自然そのものの神も数多く出てきます。海だけではない?海の神ポセイドンポセイドンもその一柱で、海を司る神です。ゼウスの兄弟であり、ギリシャ神話の主であるオリンポス十二神の一柱です。海洋だけではなく、地下水をも支配していたとされ、泉の守護神でもあります。ギリシャの古代民族であるペラスゴ...

Read More
dummy
ギリシャ神話における「月の女神」とは?

ギリシャ神話の中には、複数の物事を司る神や、後から別の神格が付け加えられた神もいます。月の神もそうであり、ギリシャ神話の中には月にまつわる女神が3柱もいます。古代ギリシャ人は三日月をアルテミス(乙女)、満月をセレネ(成熟した女性)、かけていく月をヘカテー(老女)と見立てていました。ギリシャ神話の月の女神一覧アルテミス狩猟と貞潔の女神ですが、後にセレーネやヘカテーと同一視され、月の女神とされました。...

Read More
dummy
ギリシャ神話における「戦いの女神」とは?

昔から大きな文明には戦争がつきものでした。そして古代文明圏の中でもとりわけ戦争が多かったギリシャですから、ギリシャ神話の中には戦の神や武器そのものの神なども数多く現れます。戦略の神アテナとは戦争だけでなく、知恵、学芸、工芸を司る女神です。アテネ市の守護神でもあり、アクロポリスのパルテノン神殿に祭られています。英雄たちの守護神でもあり、英雄たちを危機から救ったり、手柄をあげるためにはたらきかけたりも...

Read More
dummy
ギリシャ神話における「大地の女神」とは?

ギリシャ神話の世界では女神ガイアが地母神として大地の象徴的存在となっています。ここでは地母神・ガイアがどのような神なのかを簡潔に解説したいと思います。ギリシャ神話の天地創造はどんなストーリー?ギリシャ神話では世界が始まったとき、世界にはカオス以外のものは存在していなかったと言われています。そしてある日、大地を意味する「ガイア」の誕生とともに宇宙が誕生しました。そして、天空を意味する「ウラノス」を創...

Read More
dummy
ギリシャ神話における「鳥の怪物」とは?

ギリシャ神話やダンテの叙事詩の世界には、「ハルピュイア」と呼ばれる伝説の生物がいます。女性の頭を持った彼女は、翼を持ち、身体は鳥に近い見た目をしています。ここでは、半人半鳥であるハルピュイアについて簡潔に解説していきます。ハルピュイアはどんな生物?ハルピュイアの顔は青白く不健康な色をしていて、美しいとは言えません。また、翼とかぎ爪を持つため鳥のような見た目をしています。常に空腹であり、視界に入った...

Read More
dummy
ギリシャ神話における「川の神」とは?

ギリシャ神話では、沢山の神が登場します。その中で「川の神」として知られているのが「ステュクス」という女性です。ここでは、ステュクスについて簡潔に解説したいと思います。ステュクスってどんな人?ステュクスは、海神であるオーケアノスと水の女神であるテテュスの下に産まれました。彼女は長女であり、3,000人を超える妹弟が存在します。また、後にクレイオスの息子であるパラスの妻となり、勝利の女神・ニーケー、力...

Read More
dummy
ギリシャ神話における「星の神」とは?

ギリシャ神話には多くの神が登場します。その中で星の神として知られている「アストライアー」という翼を持った女神がいます。ここでは、アストライアーについて簡潔に解説したいと思います。アストライアーとはどのような神なのか?アストライアーは星の神でありながら、正義の女神でもあります。正義を司る彼女は後に「裁判の守護神」として奉られました。また、彼女は乙女であり、善悪を判断するために天秤を持っている姿が描か...

Read More
dummy
ギリシャ神話の神々が人間臭い理由とは?

ギリシャ神話の神々は、世界中の神話の神々と比較して、しばしば「人間臭い」と評されます。それはどういう点を指しているのでしょうか。また、なぜなのでしょうか。ここでは、ギリシャ神話の神々が人間臭い理由について解説します。人間的なギリシャの神々権力闘争に愛憎劇、ギリシャの神々の物語は、とても人間味に溢れています。その理由は、ギリシャ神話では神と人間が、同じガイア(大地)を母として生まれたものであるという...

Read More
dummy
ギリシャ神話における「人間の誕生」について

ギリシャ神話における人間の誕生ついては、解説書などを紐解いてもあまり明確に記されていません。しかしギリシャ神話の中で、人間は自然に存在しています。ここではギリシャ神話において、人間はどうやって誕生し、存在しているのかを解説していきます。人間はどうやって誕生したかギリシャ神話で人間の誕生がはっきりと描かれていないのは、人間は古来より、自然発生的に大地に生きていたと考られているからです。ギリシャ神話に...

Read More
dummy
ギリシャ神話における「冥界の神」とは?

ギリシャ神話における冥界の神とは、クロノスとレイアの子で、ポセイドーンとゼウスの兄、ハーデースのことです。「死」というものを司っている以上、オリュンポス十二神には数えられないことが多いですが、ギリシャ神話でも名だたる弟たちに次ぐ実力の持ち主であるため、その一角として名を連ねることもあります。ハーデースの来歴ハーデースは生まれてすぐ、「成長した子に権力を奪われる」と恐れた父、クロノスに丸飲みにされる...

Read More
dummy
ギリシャ神話における「眠りの神」とは?

ギリシャ神話における眠りの神とは、夜の女神であるニュクスの息子、ヒュプノスのことです。ヒュプノスは死を司る非情なタナトスやモロスと兄弟ですが、その性格はとても穏やかで優しいとされています。ヒュプノスの来歴ヒュプノスは兄、タナトスとともに、冥界の宮殿に住んでいます。翼を持った若者とされることの多いヒュプノスは、地上に夜をもたらす母ニュクスに付き従って、人々のもと訪れます。そして木の枝で額に触れたり、...

Read More
dummy
ギリシャ神話における「ライオンの怪物」とは?

ギリシャ神話における「ライオンの怪物」とは、ヘラクレスの英雄譚として語られることの多い、ネメアの獅子のことを示しています。ヘラクレスの物語では恐ろしい怪物として描かれ、退治されてしまうネメアの獅子ですが、それだけにとても強く、動物の王として、また夏の夜空に輝く獅子座の獅子としても知られています。ネメアの獅子の来歴ネメアの獅子は、多くの怪物の母とされるエキドナと、ギリシャ神話において最大最強の巨人と...

Read More
dummy
ギリシャ神話と星座の関係とは?

星座は5000年以上前、古代メソポタミア地方の羊飼い達により考えられたといわれています。やがて地中海貿易によってギリシャに伝わり、想像力豊かなギリシャ人が、星座に神話や伝説の神々などを当てはめていきます。そして2世紀頃にギリシャのプトレマイオス(トレミー)が、それまでの伝承をまとめあげ、現在私たちが知るものとほぼ変わらない48星座の形に落ち着かせたのです。なぜ星座は神話と結びついたのか羊飼い達は最...

Read More
dummy
ギリシャ神話における「農耕の神」とは?

ギリシャ神話における「農耕の神」はクロノスです。クロノスは天空の神ウラノスと大地の女神ガイアとの間に生まれた巨神ティタン族の長です。クロノスは妻レアとの間に6人の子をもうけます。ハデス(冥王)ポセイドン(海神)ゼウス(天候、雷神)ヘラ(結婚の女神)ヘスティア(炉の女神)デメテル(豊穣の女神)彼らはオリュンポス十二神の中核を担う神々になります。父を倒し、子に倒される宇宙を支配していたクロノスの父ウラ...

Read More
ページの先頭へ戻る