トルコはヨーロッパかアジアどっちなの?

0_flag_national_design_Turkey.jpg

 

そもそも「ヨーロッパ」という地域区分は、文化・歴史的な地域概念であるところも大きいので、絶対的・学術的統一基準がありません。(ヨーロッパの範囲についても参照)中でも特に分類が微妙でしばしば議論の対象になるのが、ボスポラス海峡(アジアとヨーロッパの境界とされる)に国土がまたがっているトルコという国です

 

 

トルコの場所を確認しよう

0_map_turkey.png

ヨーロッパにおけるトルコの位置

 

0_map_turkey_big.png

拡大図

 

<画像クリックで拡大>

 

百聞は一見にしかずで、まずはトルコの位置を地図で確認してみましょう。一般的にボスボラス海峡の西がヨーロッパ、東がアジアとされていますが、トルコの国土の大半は東側のアジア領域に属していることがわかると思います。トルコのヨーロッパ領域は全体の5%に過ぎず、地理的にはアジアの国としたほうが説得力がありそうです。

 

地理的・文化的にはほぼアジア

トルコを客観的に見てみると、宗教もイスラム教で、9割がアジア人であり、地理的にも国土のほとんどはアジアに属しているため、「トルコはアジア」とする見方が一般に支持されています。
日本の公式見解でもトルコはアジアの国(中東の国)と分類しており、日本において回答を求められた際は、日本政府の公式見解を引用して「アジアの国である」と答えるのが無難ではあるでしょう。

 

政治志向はヨーロッパ

一方でトルコは、政治経済においてヨーロッパの影響が強い国でもあります。トルコ政府は公式見解で自国をヨーロッパの国としており、他国の認識との乖離があるのです。確かにヘルシンキ宣言への署名、北大西洋条約機構(NATO)への加盟、そしてEU加盟も申請中であったりと、国家自体は明らかにヨーロッパ志向です。

 

EU加盟が肝だが…

自国がアジアなのかヨーロッパなのか。アイデンティティのジレンマはトルコという国家を悩ませていますが、最終的に分類がどう確定するのかは今後の議論によるでしょう。EU加盟を実現させられるか否かが分かれ目になりそうですが、トルコの人権状況、宗教、歴史背景※などを理由に反対するEU加盟国がいる上、国内の反発もあります。そう簡単には結論が出なさそうなのは確かです。

 

※トルコの前身がヨーロッパ諸国と敵対していたオスマン帝国であることや、キリスト教圏のヨーロッパに、99%がイスラム教徒のトルコが加わることへの反発など。

トップへ戻る