古代ローマでもオリンピックはやってたの?

 

現在4年に1度開催されるオリンピックの起源は、前8世紀から前4世紀にかけて古代ギリシャで行われていたオリンピア大祭、いわゆる古代オリンピックにあります。ゼウスの神殿のあるエーリス地方・オリンピアで当時も4年に1度開催され、ギリシア世界各地から選手が集結し、身体能力を競っていました。

 

古代ローマによる征服後

古代ギリシャ世界は紀元前2世紀に共和政ローマに征服されますが、その後も古代オリンピックは続けられました。しかしローマの影響が強くなってからというもの、賭博や不正が横行したり、皇帝が競技に参加して権力で無理やり優勝をもぎ取るなど、オリンピックの精神は著しく棄損されていきました。

 

古代オリンピックの廃止

またオリンピアはデルポイに並び、古代ギリシアにおける宗教上の中心地であり、オリュンポス12神の最高神ゼウスの神殿があります。つまるところ古代オリンピックというのは「ゼウスを称える祭典」であったといえるため、古代ローマ末期にキリスト教が広まるにつれ、「異教の神」を称えるオリュンピア祭への風当りは強くなります。

 

そして392年テオドシウス1世がキリスト教の国教化とともに出した異教禁止令により、翌393年の第293回大会を最期に前776年の第一回大会から1169年にわたって続けられた古代オリンピックの歴史は幕を閉じることになったのです。