ルーマニアの地理的特徴

東ヨーロッパ・バルカン半島東部に位置するルーマニアの地理的特徴について情報をまとめています。ルーマニアの地形や風土は以下の要素により構成されています。

 

 

ルーマニアの地形や風土

国境

西:セルビア
南:ブルガリア

 

気候

気候は大陸性寄りで、全体的に冬は寒く夏は暑いですが、地形の変化に富むため地域によってはこの限りではありません。

 

南東部で黒海に接しており、黒海経済協力機構の加盟国です。

 

河川

主要河川のドナウ川はセルビアとブルガリアの国境となっており、ルーマニア内を流れる川のほとんどはドナウ川の支流になります。またプロト川はモルドバとの国境になっており、ドナウ川に合流し黒海に注ぐ流れです。

 

ドナウ川の河口は三角州(ドナウ・デルタ)と呼ばれる、生物保護区域となっています。

 

ルーマニアには3500を超える湖が存在します。

 

山・丘

国の中央を南カルパティア山脈(トランシルヴァニアアルプス山脈)がL字を描くように通っており、国土の6割はこの山脈による山地および丘陵地となっています。標高2544メートルのモルドベアヌ山は国内最高峰です。

 

平野

ルーマニアの3割は平地になっています。