イギリス革命とフランス革命の違いや共通点を知ろう

イギリス革命は清教徒革命(1640〜60年)と名誉革命(1688〜89年)の総称で、当時の絶対王政(ステュアート朝)への不満から始められた市民革命です。

 

一方、フランス革命(1789〜99年)も、イギリス革命よりだいぶ後に起こりましたが、王政(ブルボン朝)への不満から始められた市民革命です。

 

いずれの革命も従来の体制を揺るがす画期的な出来事であり、国内にとどまらず、ヨーロッパ全域に影響を与えています。今回はそんな、イギリス革命とフランス革命の違いと両者のつながりを簡潔に説明していきます。

 

 

イギリス革命とフランス革命の違い

この二つの革命は絶対王政への不満が始まりで、この点は共通しています。

 

しかし、イギリス革命の帰結までのプロセスは絶対王政→共和政→王政復古→立憲君主制であるのに対し、フランスは絶対王政→立憲君主制→共和政→軍事独裁政権です。

 

イギリスは、最初の清教徒革命後に共和政が実現したものの、指導者クロムウェルの独裁政治を経て、反動で王政復古を招きました。その後、名誉革命下で再び王を招き、立憲君主制を成立させています。

 

フランスは立憲君主制の後、国王の不信感から共和政まで実現させましたが、ロベスピエールの「恐怖政治」によってロベスピエールが逮捕されます。そして、社会が不安定化。ナポレオンのクーデターによって軍事独裁政権が樹立されました。

 

両者の違いとして王政復古の有無と革命後に社会システムのトップに王を置いているかが挙げられます。

 

両者の関連性

先ほどは主に両者の違いを見ましたが、両者には関連性も見られます。

 

時代的な流れから見てもフランス革命はイギリス革命(アメリカ独立革命も含む)の影響を大きく受けています。

 

その中でも革命の一つのきっかけとして啓蒙思想の伝播です。

 

イギリス革命によって誕生した「社会契約説」やジョン・ロックの「革命権・抵抗権」などがフランス人の人権思想を刺激し、革命へと導きました。

 

このような啓蒙思想の発展が、人々に人権や自由を与え、結果として社会変革を引き起こしたのです。