スペインの地理的特徴

西ヨーロッパに位置するスペインの地理的特徴について情報をまとめています。スペインの地形や風土は以下の要素により構成されています。

 

 

スペインの地形や風土

面積

505,370平方キロメートル

 

国境

西:ポルトガル
南:イギリス領ジブラルタル
東:フランス、アンドラ

 

気候

全体的に地中海性気候が支配的ですが、大西洋沿岸部に関しては西岸海洋性気候が強く雨が多いのが特色です。

 

南部・東部は地中海に、西部・北部は大西洋に面しています。北部の海域はビスケー湾と呼ばれ、ホエールウォッチングやバードウォッチングの名所として有名です。

 

河川

高地からタホ川、エブロ川、ドゥエロ川、グアディアナ川、グアダルキビール川などが流れていますが、水深が浅く流れが激しいため水運には向いていません。歴史的には交通路というより境界としての役目を果たしてきました。

 

サモラ県のサナブリア湖が最大で、周辺地域は自然公園に指定されています。

 

山・丘

ピレネー山脈を中心に山地が国土の大部分を占めています。

 

平野

沿岸部に沖積平野がみられます。

 

バレアレス諸島/アルボラン島/カナリア諸島/セウタ/メリリャなど