ギリシャ領の島

ギリシャ共和国が地中海やエーゲ海に領有する島についての情報をまとめています。

 

このページの内容

 

クレタ島

海域:地中海
面積:8336平方キロメートル
人口:約60万人

 

地中海東部、エーゲ海南部に位置するギリシャ最大の島。かつてクレタ文明(ミノア文明)が栄えた場所として知られ、クノッソス宮殿など文明の遺跡を背景とした観光業がさかんである。前27年にローマに征服されてから、様々な勢力の支配を受けてきたが、第二次世界大戦後にギリシャ領に編入された。

 

エヴィア島

海域:エーゲ海西部
面積:3,684平方キロメートル
人口:約20万人

 

クレタ島に次いでギリシャで2番目に大きな島。島名は古代ギリシア時代の「エウボイア島」という呼称に由来。肥沃な平野部でオリーブやブドウなどの栽培が行われている。長らくオスマン帝国領だったが、1830年のギリシャ独立戦争の結果、ギリシャ王国に編入された。

 

レスボス島

海域:エーゲ海北東部
面積:1,632平方キロメートル
人口:約9万人

 

古代ギリシャ時代には海上貿易で栄え、アイオリス地方の中心地となっていた。ギリシャ神話において吟遊詩人オルペウスが葬られた場所とされる。農業・漁業・観光業がさかん。

 

 

アイスランド領の島ウクライナ領の島トルコ領の島ロシア領の島アイルランド領の島イギリス領の島オランダ領の島フランス領の島ドイツ領の島イタリア領の島ギリシャ領の島スペイン領の島ポルトガル領の島スウェーデン領の島デンマーク領の島ノルウェー領の島フィンランド領の島