ポルトガルと中国の関係

両国の関係はヨーロッパ大航海時代および中国・明王朝時代(1368〜1644年)に、ポルトガルの探検家ホルヘ・アルバレスが広州に到達した1514年までさかのぼることができます。

 

この時代のポルトガルはヨーロッパの中で最速で海外進出に乗り出し、中国含めアジアに進出し香辛料利権を確立することで「ポルトガル海上帝国」を体現していました。

 

1557年にはポルトガル領マカオを建設し、1999年に返還されるまで中国の植民地となり、長らく両国の関係に歪を生む要因となります。

 

近代以降の関係

19世紀から20世紀にかけて、ポルトガルはマカオに軍隊を駐留させ、中国から要求されるマカオ返還をかたくなに承認しないことで、両国関係は悪化していきました。

 

毛沢東(1893〜1976年)は自著で「惨めな小国」と罵倒するほどポルトガルを嫌悪していました。

 

しかし1979年に中華人民共和国とポルトガル共和国の間で正式に外交関係が樹立され、1999年にマカオの主権が中国に返還されたことで、関係は改善に向かいました。。

 

近年中国政府はポルトガルとの関係発展に意欲的で、貿易による緊密な経済関係が結ばれています。