トルコの地理的特徴

東ヨーロッパおよび西アジアに位置するトルコの地理的特徴について情報をまとめています。トルコの国土の大部分はアナトリア半島が占め、地形や風土は以下の要素により構成されています。

 

 

トルコの地形や風土

地質

トルコは国内に多くの断層を抱えている地震国です。地震による被害が多い一方で、温泉が多く存在します。

 

気候

内陸部は大陸性気候が支配的で寒暖の差が激しく、エーゲ海や地中海沿岸は地中海性気候が支配的で、夏は乾燥して暑く、冬は温暖な気候となっています。

 

国境

  • 西:ブルガリア、ギリシャ
  • 東:ジョージア、アルメニア、アゼルバイジャン、イラン、イラク、シリア

 

北部で黒海とマルマラ海に接し、西部と南部は地中海、西はエーゲ海と接しています。

 

海峡
トルコの国土は、ボスポラス海峡・マルマラ海・ダーダネルス海峡を境として、ヨーロッパ州とアジア州の領域にまたがっています。

 

河川

アナトリア高原には黒海に注ぐクズル・ウルマク川やサカリヤ川、地中海に注ぐセイハン川などが流れています。

 

東部イラン国境付近にヴァン湖があります。

 

山・丘

東部には高原がそびえており、イラン・シリアへと流れるティグリス川・ユーフラテス川の源流になっています。また東部イラン国境近くのアララト山は標高5137mで国内最高峰です。

 

平野

ヨーロッパ側の領土である東トラキア(ヨーロッパ・トルコ)は全体的に平坦な地形となっています。

 

  • ボズジャ島(テネドス島)
  • ギョクチェアダ島(イムヴロス島)