ヨーロッパの革命

ヨーロッパの革命

革命(英: revolution)とは、ある政治・社会体制の変革や、技術革新などが短期的に一挙に行われることです。フランス革命ロシア革命のように支配階級が被支配階級の反乱に合い失脚する政治的革命と、科学革命産業革命のように画期的な発明が繰り返され社会のあり方が急激に変化する技術・産業的革命があります。前者は武力をともなう場合も珍しくありません。

 

 

革命の語源

英語の革命(revolution)という語は、「回転する」を意味するラテン語の「revolutio」に由来しています。なお革命の対義語は反動(reactionary)となります。

 

政治革命の特徴

政治革命は政治目的の為に労働階級やブルジョワ層が行う革命のことで、近代以降のヨーロッパでさかんになりました。自由や平等をスローガンに掲げ、旧来の政治秩序(アンシャン・レジーム)を根底から覆すことを目的とするのが一般的です。封建制絶対王政打倒を掲げブルジョワが起こす市民革命と、ブルジョワ打倒を掲げ、労働者階級が起こす社会主義革命などがあります。

 

政治革命の定義はそこまで厳密ではありませんが、「革命」が「政変の成功例」として使用されるのに対し、「反乱」や「反逆」、「暴動」は「政変の失敗例」の呼称として使用される傾向にあります。

 

政治革命の種類

市民革命

市民革命とは市民による絶対王政打倒を目的とする政治革命のことで、とりわけフランス革命は封建制から資本主義および市民社会への移行を決定づけた画期的革命でした。一般的に貴族階級が主導するためブルジョワ革命とも呼ばれます。市民革命は一度で成功するとは限らず、一度完全に鎮圧され、反動体制が続いた末に再度の革命が引き起こされることも珍しくありません。また1848年革命東欧革命のように、一つの革命の成功が、他の地域を刺激し、連鎖的に革命を引き起こすことも珍しくありません。

 

社会主義革命

社会主義革命は労働者階級によるブルジョワ打倒を目的とした革命のことです。ロシア革命はその代表的成功例であり、史上初の社会主義国家ソビエト連邦成立に繋がりました。しかし社会主義の限界がくると、東欧革命という改めて資本主義への回帰を掲げる革命が起こり、ソ連は崩壊したのです。