ルネサンスが日本に与えた影響とは?

 

 

ルネサンスは14世紀から16世紀にかけて、ヨーロッパで勃興した古典文化復興運動です。

 

ヨーロッパで発祥したルネサンスが、極東の日本に対し、何か直接的に影響したわけではありませんが、間接的には実に様々な影響をおよぼしています。

 

ヨーロッパ文化の流入

ルネサンス期の天文学・地理学の発達、羅針盤の発明といった科学的発展は、のちの大航海時代における長距離航海を助けました。

 

大航海時代、日本にやってきたヨーロッパ人により鉄砲がもたらされ、国の戦争のあり方を変えたのは大きな影響の1つでしょう。

 

そしてルネサンス期の科学的発展は、ヨーロッパが世界をリードする原動力となり、日本含め世界中がヨーロッパの国家・社会のあり方を理想のモデルとして国内改革を行うようになります。

 

その結果、日本の法律・制度・政治・生活様式・生産様式がヨーロッパ式に改革されたことをを思えば、いかにルネサンスが日本に影響を与えているか実感できると思います。