スウェーデンと日本の関係史

世界的に有名な企業である「IKEA」や「H&M」を知っている方は多くいると思います。日本にも進出している企業なので街で見かけることもあると思います。これらの企業は「スウェーデン」出身の企業なんです。また、食べ物だとミートボールが有名だったり身近なところにスウェーデン出身のものがあったりします。今回は、そんなスウェーデンと日本の関係史をざっくりまとめています。

 

スウェーデン人との出会い

1647年に航海の途中で出島に訪れた、後にスウェーデン海軍の大将になるヨーハン・オーロフソン・ベリエンシェーナが初めて日本に訪れたスウェーデン人といわれています。またその後『日本植物誌』を出版するなど日本の植物学の発展に寄与した医師カール・ペーテル・トゥンベリなどが日本を訪れています。

 

日本とスウェーデンの関係の始まり

日本とスウェーデンが公式的な関係を持つのは、1868年に両国間で修好通商条約を結んだことが始まりになります。国交樹立後の1873年には、岩倉具視率いる岩倉使節団が現地視察のためにスウェーデンに滞在しています。その際に、彼らは国王オスカル2世に謁見しています。

 

第二次世界大戦中・後の関係

日本は戦争中に中立の立場を保っていたスウェーデンとは、関係を維持していました。しかし、日本が戦争に敗れ、連合国の支配下に置かれた影響でスウェーデンとの関係を断つことになりました。その後、1952年にサンフランシスコ平和条約が発効され、スウェーデンとの外交関係は回復しました。