産業革命はいつどこで起こったの?

産業革命はどこでいつから起こったのですか?

産業革命はイギリスにて18世紀半ばから始まりました。

 

なぜイギリスで始まったのかというと、イギリスは清教徒革命・名誉革命などを経て、他のヨーロッパ諸国より一足早く内政を落ち着かせ、経済成長と海外市場の開拓に集中できていたからです。

 

経済的繁栄により人々に生まれた「ゆとり」が、様々な画期的発想に繋がり、技術革新による経済・社会構造に大変革に繋がったのです。

 

イギリス以外の国では、フランスでは1830年代、ドイツでは1840年代、ロシアでは1890年代から産業革命が始まり、工業化社会への移行が行われています。

 

17世紀後半から始まる産業革命による工業化社会・資本主義社会の確立と、市民革命による絶対王政の打倒により、中世から続く封建制社会は崩壊し、ヨーロッパは近代資本主義社会へと移行していくことになります。