ユグノー戦争

ユグノー戦争

ユグノー戦争の戦いの一つドル-の戦い

 

ユグノー戦争とは、1562年から1598年にかけて続いたバロア朝末期フランスにおける内乱です。8次という長期にわたり継続した、カトリック教会とユグノー(カルバン派)の対立から発展した宗教戦争ですが、反体制派が利害の一致からユグノーを支援するなど、戦いはしだいに政治抗争の色合いを帯びていきました。

 

ユグノー戦争の開始

宗教改革期のフランスでは、伝統的なカトリックと新教徒のプロテスタントが激しく対立していました。シャトーブリアンの勅令(1551年)でプロテスタントの集会を禁止するなど弾圧を強めていく中、カトリック教徒のギーズ公によりバシーの虐殺事件(1562年)が起こされたことで、ユグノー戦争の火蓋が切って落とされました。サンバルテルミーの虐殺(1572年)で内乱の激しさは頂点に達し、末期にはアンリ3世、ギーグ公アンリ、ナヴァル王アンリによる三つ巴の戦いになるなど混沌とした様相を呈していました。その混乱の中、アンリ3世の暗殺事件が起き、バロア朝が断絶しています。

 

しだいに宗教色が薄れ政治闘争へ…

スペインがカトリック勢力を、イギリス・オランダがユグノー勢力を支援するなど外国の介入も始まると、しだいに宗教対立による内乱の枠を出て、各国の思惑が複雑に絡んだ代理戦争へと変貌していきました。

 

ユグノー戦争の終結

アンリ3世が暗殺された後は、アンリ4世(在位:1589〜1610年)が即位し、政治の安定や国内のスペイン勢力の排除に努めました。そして即位から9年ほどたった1598年に、プロテスタントにカトリックと同等の権利を認めるナントの勅令を発した上で、自らはカトリックに改宗することで、両派の融和を実現させたのです。これをもって40年以上も続いたユグノー戦争はようやく終息したのです。

 

 

古代の戦争

ラティウム戦争ペルシア戦争サラミスの海戦,アルテミシオンの海戦)/ペロポネソス戦争アッリアの戦いカイロネイアの戦いサムニウム戦争ディアドコイ戦争イプソスの戦いポエニ戦争カンナエの戦い)/マケドニア戦争ローマ・シリア戦争ルシタニア戦争ヌマンティア戦争奴隷戦争ユグルタ戦争ノレイアの戦いキンブリ・テウトニ戦争アラウシオの戦い,アクアエ・セクスティアエの戦い,ウェルケッラエの戦い)/同盟市戦争ミトリダテス戦争ガリア戦争パルティア戦争カルラエの戦い)/ローマ内戦ナウロクス沖の海戦)/アクティウムの海戦エデッサの戦い


中世〜近世の戦争

ローマ略奪ルーシ侵攻百年戦争イタリア戦争ユグノー戦争三十年戦争フロンドの乱ネーデルラント継承戦争第二次百年戦争


近代の戦争

アメリカ独立戦争フランス革命戦争ナポレオン戦争イタリア統一戦争メキシコ出兵エチオピア戦争第一次世界大戦イースター蜂起アイルランド独立戦争アイルランド内戦ロシア内戦シベリア出兵スペイン内戦第二次世界大戦ホロコースト北アイルランド紛争ユーゴスラビア紛争