ソ連崩壊の原因はアフガニスタン侵攻の失敗だった?

ソ連の崩壊は1979年に始まるアフガニスタン侵攻の失敗にあるといわれるのはなぜですか?

アフガニスタンの親ソ政権を支援するため、ソ連が強行した「アフガニスタン侵攻(ソ連・アフガニスタン戦争とも)」は「ソ連のベトナム戦争」とも呼ばれます。

 

ソ連はこの戦争に万単位の犠牲を払うも、結局はムジャーヒディーンと呼ばれる民兵の必死の抵抗で征服は困難を極め89年に撤退していますね。

 

「アフガニスタン侵攻がソ連崩壊の呼び水となった」

 

といわれる理由は、侵略に反発したアメリカを始めとした西側諸国から強烈な経済制裁をくらった上、戦争の長期化で軍事支出が肥大し、国内経済の停滞を招いたからです。

 

経済的苦境に陥ったソ連は、もうかつてのように東欧の衛星国を繋ぎ止めておくことはできず、89年東欧革命で社会主義政権の崩壊・民主化ドミノを招き、その2年後の崩壊に繋がる、というわけですね。