ルーマニア料理の特徴

ルーマニア料理の特徴

ルーマニアには、トルコ、ハンガリーなど様々な国から影響を受けた魅力的なある食文化が存在します。

 

ここでは、そんなルーマニアの食文化について解説していきます。

 

ルーマニアでの主食は?

主食は小麦で、丸型のやや重めのパンが食卓に並びます。ルーマニア料理を語るには、ママリガも不可欠です。

 

これはトウモロコシの粉に牛乳やバターを加え、よく練ってから蒸したもので、肉のつけ合わせとして食べたり、白チーズやサワークリームと一緒に食べたりします。

 

風変りですが、味わい深い絶品です。

 

どんなスープがあるの?

スープはチョルバと呼ばれ、主に昼食時に飲まれます。小麦を発酵させたボルシェというものを入れるため、酸味が強くなっています。

 

代表的なものとしては、牛肉のスープ、チョルバ・デ・バクツァや、肉団子と野菜が入ったチョルバ・デ・ペリショアレが挙げられます。

 

他に、チョルバ・デ・ブルタと呼ばれる牛の胃袋のスープも人々に親しまれています。

 

ルーマニアの食卓とは?

前菜として、牛乳や羊乳から作られるチーズやメゼルリと呼ばれる食肉加工品が食卓に並びます。

 

また、メインディッシュとして様々な肉料理が存在します。

 

お酒もよく飲まれ、ラキウ(果実から作られる蒸留酒)はアルコール度数がかなり高いにもかかわらず、食前酒として愛されています。

 

 

ルーマニアでは、旬の時期にしか出回らない作物も多く、味が凝縮された食材を使った料理を味わうことができます。

 

この記事を通して、その魅力を感じていただけたら幸いです。

 

 

ギリシャ料理ハンガリー料理フランス料理アイスランド料理イタリア料理オーストリア料理ブルガリア料理ノルウェー料理ルーマニア料理ロシア料理トルコ料理ポルトガル料理スペイン料理アイルランド料理イギリス料理オランダ料理スイス料理ドイツ料理スウェーデン料理デンマーク料理フィンランド料理ベルギー料理