ベルギー国旗の色の意味とは?

ベルギー国旗の色の意味とは?

 

ベルギーの国旗は左から黒、木、赤の三色からなる三色旗になっており、黒は力、黄は充実、赤は勝利を表しています。国旗の比率は13:15と一般的な国旗よりも正方形に近いものになっています。

 

国旗の歴史

ベルギーはもともと隣国ネーデルラント連合王国(1815年 - 1839年)の支配下に置かれていました。

 

しかし国民性の違いや、ベルギーはカトリック国であり、オランダはプロテスタント国であるという宗教的対立などがあり、1830年に同国から分離し、独立国家となりました。

 

その後まもなく制定された国旗が現在のものとなっています。デザインは同じく革命によって新たな国を作り上げたフランスの国旗をもとにしたとされています。