ヴァイキングの優れた航海術の秘訣とは?

ヴァイキングは大海原を自由自在に移動し、どんな土地にも上陸できたそうですが、どのような航海術がそれを可能にしていたのですか?

ヴァイキングの航海術については謎も多いのですが、彼らは目的地について、代々伝わる知識を持っていました。潮の流れ・風・航海時間・陸上の目印などの知識を総動員して、正確に目的地までたどり着くことができました

 

当然迷うこともありましたが、以下の方法で対処していました。

 

動物の習性を利用する
  • クジラは陸地に近い栄養豊富な水域に出没するので、「クジラが見えたら陸地が近い」
  • 鳥は本能的に陸地の方角がわかるので、籠に入れて携帯した鳥を放し、「飛んで行った方に陸地がある」

 

といった具合に、動物の習性を利用して現在地や方向を推測していました。

 

太陽石を利用する

光を偏光する「太陽石(産ストーン)」を、当時まだ発明されていたかった羅針盤として利用していた可能性も指摘されています。

 

その他、彼らの優れた造船技術もまた長距離航海を支えており、とりわけ8世紀以降、船体に塗る「タール」が大量生産されるようになり防水技術が向上したことで、行動範囲が飛躍的に拡大しています。