フランスが産業革命に遅れた理由とは?

実はフランスは工業製品が輸出金額全体の大半を占める工業大国です。製材・製紙、自動車製造、航空宇宙産業、原子力産業などがさかんに行なわれています。
フランスといえば穀物や葡萄の栽培がさかんな農業大国というイメージが強いかもしれませんが、農作物は単価が安いので、輸出金額に占める割合は意外に低いのです。そんなわけで、ここではフランス経済の中核をなす、工業がいかにして発展してきたか。その過程を見ていきましょう。

 

フランス工業発展の過程

フランスの工業化はイギリスに比べ少し遅い時期に始まりました。当時欧州最大にして最強のライバルに遅れを取った原因の一つとして、1786年に結ばれた英仏通商条約があります。これでイギリスから安価な工業製品が輸入できるようになったため、工業化をする必要性が低かったという背景があったのです。

 

産業革命で工業化が本格化

フランスでは七月王政時代(1830年〜1848年)に産業革命が開始され、60年代の第二帝政時代にピークに達しています。
1830年に復古王政が倒されると、自由主義者のルイ・フィリップ(在位1830年〜1848年)のもと、労働者の権利を抑圧する形で始められました。その後、ナポレオン三世(在位:1852年〜1870年)の治世になり、本格的に産業革命が開始され、保護貿易から自由貿易主義へと転換、イギリスとの競争を促進し、鉄道、通信網の整備が急速に進んでいきました。ナポレオンは自身の成果をアピールするため1855年、1867年に万国博覧会を開催しています。

 

フランス産業革命がイギリスに遅れをとった理由

中世以降、フランスとイギリスはヨーロッパの二大勢力として肩を並べる存在でした。しかしイギリスでは1760年代という、フランスよりはるか前に産業革命が始まっています。同時期のフランスは、イギリスと同規模の労働力や資本、社会・経済環境をもっていたにも関わらず、なぜ産業革命を起こせなかったのでしょうか。

 

答えはずばり「植民地規模の違い」にあります。英産業革命の前に、七年戦争(1756年 - 1763年)という英仏の植民地争奪戦争が勃発しています。フランスはこれに敗れ、海外植民地の多くを失ったうえ、莫大な負債を抱えてしまったのです。
逆にイギリスは世界の四分の一を支配する植民地帝国を築き上げ、世界中から資源を安価に輸入し、労働力も確保できるようになりました。海外市場を独占できるようになったことが、産業革命最大の後押しとなったのです。

 

また1786年に英仏通商条約が結ばれ、両国の貿易が自由化されたことも大きいでしょう。この条約でイギリスの工業製品の輸入が認められたので、そもそも産業革命を急ぐ必要がなかったのです。さらにこの自由化により、フランス工業が打撃を受けたことで、フランス革命も勃発したので、社会的混乱でますます産業革命どころではなくなりました。

 
ページの先頭へ戻る