ハンガリーの地理的特徴

中央ヨーロッパ(もしくは東ヨーロッパ)に位置する内陸国ハンガリーの地理的特徴について情報をまとめています。ハンガリーの地形や風土は以下の要素により構成されています。

 

 

ハンガリーの地形や風土

面積

93,030平方キロメートル

 

国境

西:オーストリア、スロベニア
北:スロバキア
東:ウクライナ、ルーマニア
南:セルビア、クロアチア

 

気候

大部分が大陸性気候に属します。冬は寒冷ですが、地中海からの海洋性気候の影響があるので、高緯度のわりに温和です。

 

河川

主要河川のドナウ川は国土の中央を流れ、ハンガリーを東西に二分しています。東部にはドナウ川支流のティサ川が流れ、灌漑に利用されています。

 

ハンガリー西部のバラトン湖は国内最大にして中央ヨーロッパ最大の湖です。湖岸は過ごしやすく、保養地として人気があります。またオーストリアとの国境にまたがるフェルテー湖の周辺は、その豊かな生物多様性から文化遺産にも登録されています。湖ではコイやスズキ類などの漁業もさかんです。

 

山・丘

ハンガリーはカルパティア山脈ふもとのカルバート盆地に位置する国で、国土の大部分はゆるやかな丘陵になっています

 

平野

国土の6割は標高200m以下の低地となります。東部〜南部はドナウ川を背景とした肥沃な平野が広がり、農用地として利用されています。