バルトロメウ・ディアスとは何をした人?〜喜望峰を発見〜

 

バルトロメウ・ディアスの基本情報

 

英名:バーソロミュー・ディアズ
誕生: 1450年頃ポルトガル
死没:1500年太平洋・海難事故にて
後援:ジョアン2世
功績:喜望峰を発見

 

バルトロメウ・ディアス(1450年頃 ? 1500年)はポルトガルの航海者で、ヨーロッパ人として初めて、アフリカ大陸南端の喜望峰を発見した人物として知られます。1487年ジョアン2世の命でアフリカ西岸の探検に繰り出し、嵐にあって流された末、1488年アフリカ南端に到達。ディアスはその過程からそこを「暴風岬」と名づけましたが、のちにジョアン2世により「喜望峰」と改名されました。彼による暴風岬改め、喜望峰の発見は、のちのバスコ・ダ・ガマによるインド航路発見の足掛かりとなり、また大航海時代の開幕を告げる出来事にもなったのです。