農業革命はいつから始まった?

ヨーロッパで農業革命が始まったのはいつからですか?

農業革命は、18世紀後半から、産業革命と同時進行でイギリスより開始されました。

 

18世紀に入ると新農法と新農具が広く導入され、農業経済に大きな変革が起こったのです。

 

農業革命は18世紀で終わりでなく、19世紀以降も続き、1846年穀物法の廃止をもって農業革命の完成とされています。

 

また農業革命の背景には、17世紀から「小氷河期」ともいわれる気候変動が始まり、気候変動への対応と農業生産性の向上に迫られたというのもあります。

 

ちなみに紀元前8000年頃、人類が狩猟採集の生活から、穀物の栽培・家畜の飼育といった農業中心の生活に移ったことも、農業革命と呼ぶ場合があります。