アメリカとロシアの関係

アメリカとロシアの国と国との関係は、アメリカがイギリスからの独立を宣言しアメリカ合衆国を建国した18世紀末から始まります。以下に関係性をまとめます。

 

アメリカ独立戦争時

アメリカ独立以前からロシアとアメリカ13植民地との間で貿易は行われていました。しかし、イギリス以外の国との貿易は航海法で禁じられていたので、それは小規模なものにとどまっていました。こういう経済活動の縛りが植民地住民の不満を高め独立運動を喚起したのは言うまでもありません。

 

そしていざアメリカ独立戦争が勃発すると、ロシアはアメリカがイギリスから分離独立し、自国と自由に貿易してくれたほうが国益になると考え、表向きは中立を表明するものの、「武装中立同盟」を結び、事実上アメリカを援助し、独立を助けたのです。

 

※アメリカとロシアの関係は書き出すと長くなるため随時追加していきます。