グレートブリテン島の歴史

北大西洋に位置し、アイルランド島、マン島とともにブリテン諸島を構成するグレートブリテン島の歴史について簡単にまとめました。

 

地質史

27億年前の岩石がスコットランドで発見されており、非常に長きにわたる地質史をもっています。かつての氷河期には大陸と地続きでしたが、約6000年前に大陸から分離して島になりました。

 

名前の由来

グレートブリテン島については、紀元前6世紀頃のカルタゴ人航海者の日誌の中で「アルビオン」という名で初めて登場しました。紀元前4世紀には、ギリシャ人商人ピュテアスの航海記の「プレタニケ」という呼称(ケルト語で「彩色した人」という意味。当時の先住民が入れ墨を入れる慣習があったことから。)が一般化し、そこから「ブリトニ」というブリテン諸島を指す呼称が生まれ、それが定着すると、ブリテン諸島最大の島が「ブリタンニア」と呼ばれるようになったのです。

 

フランス・ブルターニュ地方の語源
かつてブリテン島のブリトン人の一部は、ローマやアングロ・サクソン人の侵攻を受けて、フランス北西部に逃れました。フランスでは「ブリトン人の住む土地」ということで、ブリトン人の移り住んだその土地を「ブルターニュ」と呼ぶようになりました。