イタリアの有名な河川一覧【最長の川は?】

イタリアの主要河川としてはポー川、テヴェレ川、アディジェ川などが挙げられます。ここではこれら主要河川の情報を簡潔にまとめています。

 

 

ポー川(国内最長)

延長:652 km
水源:アルプス山脈
河口・合流先:アドリア海

 

国内最長で、イタリア・アルプスから流れ出る河川のほとんどと繋がっている。平野となっている水域(ロンバルティア平野)はヨーロッパ有数の農業生産地帯として知られ、とくに酪農や稲作がさかん。また戦後には流域で天然のガス田が発見された。

 

テヴェレ川

延長:405 km
水源:フマイオーロ山
河口・合流先:ティレニア海

 

イタリア中部を流れる川。かつて地中海世界全域を支配した古代ローマ帝国は、この川のほとりに起こった小さな都市国家から始まった。伝説ではローマの建国者ロムルスは、双子の弟レムスとともにこの川に流されたとされる。

 

アディジェ川

延長:409 km
水源:アルプス山脈
河口・合流先:アドリア海

 

イタリアで2番目に長い、国内北部を流れる川。急流なため航行には適さないが、上流は水力発電、下流は灌漑用水に利用されている。