ウクライナの年表

 

ウクライナ(正式名称ウクライナ共和国)は東ヨーロッパの黒海およびアゾフ海沿岸に面する共和制国家です。ロシアを除けばヨーロッパ最大の国土面積を誇ります。首都は9世紀のキエフ公国を起源とするキエフ。
ヨーロッパ有数の農業国で、特に小麦の世界的な産地として知られます。また石炭・石油・鉄・マンガンなど豊富な地下資源を背景にした、重化学工業が発達しています。
そんなウクライナですが、9世紀にキエフを中心として建設されたキエフ大公国が起源です。13世紀にはモンゴル、16世紀にはポーランド領として過ごし、17世紀以降はロシアの支配に落ち着きます。20世紀にはソ連邦にも参加しますが、91年に独立し現在に至っています。ここではそんなウクライナの歴史を年表にしてわかりやすくまとめています。

 

ウクライナの歴史年表

 

 

先史時代

約30万年前頃 現在のウクライナに人類が居住

12万年前頃 旧人(ネアンデルタール人)が居住

4万年前頃 新人(クロマニョン人)が居住

1万年前頃 草原・森林地帯の出現

北部の森林地帯、中部の森林草原地帯、南部の草原地帯といった気候地帯が出来る。

 

前6000年頃 新石器時代の開始

人類が土器や布を作り、農業を開始した。

 

前4000年頃 トルィピーリャ文化の発展

ドニステル川とドニプロ川の間の地域でトルィピーリャ文化が発展する。銅の加工技術が初めて確立された。

 

前3000年頃 農耕文化・畜産文化の発展

トルィピーリャ文化に代わり、縄文土器文化(農耕文化)、竪穴墓文化(畜産文化)が発展する。

 

前2000年頃 文化の移行

縄文文化がトシーネツィ・コマリーウ文化とビロフルーディウカ文化へ移行する。竪穴墓文化は校倉造墓文化に入れ替わる。

 

前1500年頃 キンメリア人の台頭

古史料で確認できるウクライナ最古の民族であるキンメリア人がウクライナに居住を始める。

 

古代

前10世紀

キンメリア人が鉄生産技術を発展させ、勢力を広げる。

 

前8世紀

キンメリア人が、小アジア半島の都市へ略奪のため、遠征を行なうようになる。

 

前7世紀

キンメリア人が、遊牧騎馬民族スキタイ人により黒海北岸から西方に追い出される。

 

1世紀

ゴート族が北欧からウクライナへ移住。

 

中世

ウクライナの起源は、4〜6世紀頃、東スラブ民族が現在のウクライナの地に移入し、定住し始めたのが始まりいわれています。彼らはやがてキエフ公国(12世紀成立)を形成し、ドニエプル川の交易で栄えていました。しかし独立は長くは続かず、13世紀にはモンゴル帝国に、14世紀にはリトアニア大公国に、16世紀後半にはポーランドに…ウクライナは常に外からの勢力に脅かされ、支配者が次から次へと変わっていきました。

 

5世紀

5世紀後半になり、現ウクライナの首都であるキエフがの原型が建設された。東スラヴ系のポリャーネ族によりつくられた集落が発展しキエフとなった。

 

6世紀

東ヨーロッパ地域に東スラヴ人による国家が建設され始める。

 

7世紀

7世紀になり、カスピ海沿岸から黒海沿岸にかけてハザール人による巨大国家ハザール汗国が成立する。

 

8世紀

8世紀になり、東スラヴ人がハザール汗国の支配をうけるようになる。

 

9世紀

882年 ルーシの成立

リューリクの子イーゴリがキエフを占領し、ウクライナの直系の祖であるルーシ(キエフ大公国)が成立した。

 

10世紀

 

ウクライナはもともと多神教や自然崇拝が一般的だったが、10世紀に入り、東ローマ帝国の影響でじょじょにキリスト教が浸透していった。

 

965年 ハザール汗国の滅亡

ハザールは10世紀に入り衰退をはじめ、最後にはキエフ・ルーシによる侵攻をうけ滅亡に追い込まれた。

 

11世紀

1037年 ソフィア大聖堂の建立

キエフの中心にキリスト教の大聖堂ソフィア大聖堂が建造される。現代においてウクライナ建築の最高傑作の一つとされる。

 

12世紀

1132年 キエフ大公国の分裂

ムスチスラフ・ヴェリーキーの死後権力闘争が苛烈になり、キエフ大公国が複数の公国に分裂。各勢力がしのぎを削る内戦の時代に突入した。

 

1199年 ハールィチ・ヴォルィーニ大公国の成立

西ウクライナを中心にルーシ系国家ハールィチ・ヴォルィーニ大公国が成立した。ハールィチ公国とヴォルィーニ公国というルーシの2公国が合併したことによるもの。

 

13世紀

13世紀になるとダヌィーロ・ロマーノヴィチ公によって都市リヴィウが建設されました。現在はリヴィウ州の州都で、ウクライナ文化の中心地として知られています。

 

1240年 キエフの戦い

バトゥ率いるモンゴル帝国軍の侵攻をうけ「キエフの戦い」が勃発。同年12月に陥落し、キエフ大公国は滅び、キエフはモンゴルの属領となった。この戦いはキエフに多大な被害をもたらし、人口が戦前の5万人から2000人にまで激減した。また多くの文化遺産も破壊された。

 

14世紀

1340年 ハールィチ・ヴォルィーニ戦争勃発(〜92年)

ハールィチ・ヴォルィーニ王国の領土継承をめぐりポーランドとリトアニアによる戦争が勃発した。

 

1362年 青水の戦い

ウクライナのシュニュハ川でリトアニア大公国軍とモンゴル帝国軍が衝突。この戦争で大勝したリトアニア大公国がキエフ支配を確立した。

 

1392年 ルーシの分割

ハールィチ・ヴォルィーニ戦争が終結し、アストラヴァスの和約が結ばれる。ハールィチ・ヴォルィーニ王国(ルーシ王国)の領土は、リトアニア大公国とポーランド王国に分割されることとなった。

 

近世

15世紀

15世紀になりイスラム国家のクリミア・ハン国とオスマン帝国が南ウクライナを占領した。

 

16世紀

1569年 ポーランド・リトアニア共和国成立

ポーランド王国とリトアニア大公国が合同(ルブリン合同)し、ポーランド・リトアニア共和国が成立した。当時のヨーロッパではオスマン帝国に次いで広大な国家で、ウクライナもその支配下に入った。

 

1572年 登録コサック制度の導入

ポーランド・リトアニア共和国で、治安維持・災害救助・国防などを担うかわりに俸給を支払う「登録コサック」の制度が導入される。

 

1594年 ナルィヴァーイコの乱

セヴェルィーン・ナルィヴァーイコが率いるコサックが、ポーランド・リトアニア共和国政府に対して反乱を起こした。反乱は最終的に政府軍に鎮圧され、ナルィヴァーイコはじめとする首謀者は1597年ワルシャワで処刑された。

 

17世紀

1632年 キエフ・モヒーラ・アカデミー国立大学創立

ペトロー・モヒーラ府主教によって、東欧最古の大学校「キエフ・モヒーラ・アカデミー」が創立される。現ウクライナの国立大学キエフ・モヒーラ・アカデミー国立大学の前身。

 

1648年 フメリニツキーの乱(〜57年)

ウクライナ・コサックのヘーチマン(将軍)ボフダン・フメリニツキーにより、ポーランド・リトアニア共和国政府への反乱が引き起こされた。ウクライナとポーランドの大規模の戦争に発展し、この戦争の結果、ウクライナ・コサックによるヘーチマン国家が誕生した。

 

※この戦いはウクライナ史の観点から「ウクライナ民族解放戦争」とも呼ばれ、当時の東ヨーロッパの勢力図を大きく塗り替えた、東ヨーロッパ史上最大の軍事衝突の一つといわれています。

 

1654年 ウクライナ争奪戦争の勃発(〜67年)

ポーランド・リトアニア共和国とロシア・ツァーリ国の間で、ウクライナの領有をめぐる戦争が勃発した。ポーランド・リトアニア共和国はこの戦争に敗れ、ウクライナの半分を消失。東ヨーロッパの盟主としての地位をロシアに明け渡すことになった。

 

1672年 ポーランド・オスマン戦争(〜76年)

ポーランド・リトアニア連邦とオスマン帝国の間でポーランド・オスマン戦争が勃発した。オスマン帝国の勝利と終わり、ウクライナ西部のポジーリャがオスマン帝国に占領された。

 

1676年 露土戦争(〜81年)

オスマン帝国の伸長とそれを阻むロシアとの間で露土戦争が勃発。バフチサライ条約で終結。この条約によりウクライナのコサック国家の領域が、ロシア・オスマン両国により分割された。

 

近代

17世紀になると、ポーランド支配に対し独立運動が活発化。ウクライナはロシアに援助を求め、18世紀後半に起こったポーランドとロシアの戦いにロシアが勝利したことで、ポーランド支配からは解放されました。しかし今度は恩を売ったことで立場的に優位にたったロシアに支配されるようになりました。

 

18世紀

1795年 第三次ポーランド分割

プロイセン・オーストリア・ロシアの3国によりポーランド・リトアニア共和国の領土が分割される。この分割によりポーランド・リトアニア共和国は消滅。ウクライナ人の居住地は、オーストリアとロシアに分裂してしまった。

 

19世紀

1834年 キエフ大学の創立

ウクライナのキエフにキエフ大学が設立される。ウクライナで人気の高い画家タラス・シェフチェンコの名をとって「タラス・シェフチェンコ大学」とも呼ばれる。

 

1848年 1848年革命(諸国民の春)

フランスで起こった1848年革命(諸国民の春)の影響がウクライナにもおよび、ウクライナ人の民族解放運動が活発になる。

 

1863年 ウクライナ文学作品の出版・流通禁止

ロシア政府により文学作品以外のウクライナ語による書物の出版・流通が禁止される。

 

20世紀

1917年 ロシア革命

第一次大戦中にロシア革命が起き、ロシア帝国は崩壊する。宗主国の政治的混乱によりウクライナに複数の政府が立ち上がり、激しい内戦状態に突入した。

 

1918年1月 ウクライナ人民共和国が独立

前年にウクライナ民族主義者によりウクライナ人民共和国(1917年〜1921年)が樹立され、翌年には独立。言論・出版・集会の自由を保障、死刑廃止、土地私有の制限を定めるなど、非常に近代的な体制であったが、他国の干渉により長続きはしなかった。

 

1918年4月 ポーランド・ソビエト戦争の勃発

ウクライナ、ベラルーシの帰属をめぐりソビエト・ロシアとポーランドとの間で戦争が開始。結果ポーランド軍が勝利し、ウクライナの大部分がポーランドの支配下に入った。

 

1918年4月 ヘーチマンの政変

ウクライナ・キエフにて右派勢力によりウクライナ中央ラーダ政府が打倒される。政府への批判が頂点に達した時に起こったこの政変は「4月の暑い夜」とも呼ばれる。

 

1918年11月 西ウクライナ人民共和国

ロシア革命期の混乱に乗じ、ウクライナ南西部のハルィチナ地方に西ウクライナ人民共和国が成立。1919年にポーランドに占領されて崩壊した。

 

1919年 ウクライナ社会主義ソビエト共和国の成立

ロシア革命に端を発する内戦の結果、ウクライナにはソビエト政府主導でウクライナ社会主義ソビエト共和国が建設された。

 

1922年 ソ連の成立

ロシア帝国領を継承する国家として、複数の共和国からなる多民族国家ソビエト連邦(ソ連)が成立し、ウクライナもこれに加盟した。

 

1933年 大飢饉

ソ連からの圧力(主に強制的な穀物徴発政策)により大飢饉が発生。数百万人が餓死した。

 

20世紀

20世紀になりロシア革命が勃発し、ソビエトがロシアの政権を手にしたことで、1919年、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国が成立。ウクライナはソ連共産党の強い影響下に置かれるようになりました。1980年代に入り、ソ連でペレストロイカが起こると、ウクライナでも民主化の動きが活発化。そして1991年のソビエト連邦解体に伴い、ついに共和制国家として独立を果たしたのです。ここで国名をウクライナと改称し、首都も現在のキエフになりました。

 

1939年 第二次世界大戦が勃発

ナチスドイツのポーランド侵攻に端を発し第二次世界大戦が勃発。ドイツと不可侵条約を結んだソ連はポーランドに侵攻し、西ウクライナをウクライナ領に組み入れた。

 

1941年 独ソ戦勃発

ドイツ軍が不可侵条約を破棄しソ連に侵入。独ソ戦が開始された。ウクライナは激戦地の1つとなり、住民500万人以上の犠牲が出た。ウクライナは一時的に、ナチス・ドイツの設置した帝国管区ウクライナの統治下に置かれた。

 

1942年 ウクライナ蜂起軍(UPA)の結成

ドイツ軍に対抗する反体制武装組織ウクライナ蜂起軍(UPA)が結成される。粘り強い抵抗運動の結果44年初めに解放を達成。

 

1945年 第二次世界大戦の終結

ナチスドイツ、日本の降伏で第二次世界大戦が終結。戦場となったウクライナは荒廃したが、戦後はソ連統治下のもと五か年計画により復興を遂げた。

 

現代

20世紀後半

1954年 クリミア半島の併合

露土戦争以来ロシア領だったクリミア半島が、ソ連からウクライナへ割譲される。歴史的経緯からクリミアにはロシア系住民が多い。これがのちのクリミア危機に繋がる。

 

1986年 チェルノブイリ原発事故

キエフ州プリピャチにてチェルノブイリ原発事故が発生。被害地域には約220万人が住んでおり、甚大な被害が発生した。

 

1989年 東欧革命

80年代ソ連のペレストロイカの中、東欧諸国で民主化革命が勃発(東欧革命)。ウクライナも例外ではなく、民族運動が活発化し、ウクライナ語の公用語化、ユニエイトの公認化が実現。8月24日、最高会議はウクライナの独立を宣言した。

 

1991年 独立

国名をウクライナ・ソビエト社会主義共和国からウクライナに変え、8月ソ連からの独立を宣言した。ソ連は同年12月に崩壊。

 

21世紀

2014年 クリミア危機

ウクライナで親ロシアの政権が反ロシア・親EU勢力に倒される。これをうけ住民の大半がロシア系住民のクリミアでは大きな反発が起き、クリミア自治共和国独立の動きが一気に高まる。ロシアもそれを支持し、同年3月にクリミア自治共和国議会とセバストポリ議会は独立を宣言。すぐさまロシアはクリミアを自国領に編入する条約を結び、クリミアの海軍拠点を占領した。事実上ロシアがウクライナを「侵略」した形となり、国連、EU諸国、米国などはこれを非難。国際的緊張が走った。