フランスの森林

フランスの主要な森林としてはアルゴンヌ森、オルレアンの森、ショーの森などが挙げられます。ここではこれら主要な森林の情報を簡潔にまとめています。

 

 

アルゴンヌ森

位置:フランス北東部
大きさ:長さ約40km、幅約15?20km

 

アルゴンヌ森は、木々だけでなく岩山も多い地帯です。フランス革命期や第一次世界大戦では、ドイツから侵略してくる軍勢との戦場となりました。

 

オルレアンの森

位置:ロワレ県
面積:約35000ha
樹種:ナラ類、オウシュウアカマツ、ヨーローッパクロマツ類等

 

オルレアンからジアンに広がるフランス最大の国有林です。生い茂る樹林のうち半分ほどは針葉樹を主とした人工林が占めています。木材生産や生態系保全、レクリエーション(ハイキング、乗馬など)などが国有林政策の主な柱となっています。

 

ショーの森

位置:ジュラ県、ドゥー県
面積:20,493ha
樹種:広葉樹・落葉樹(オーク)

 

フランス東部に広がる国内で2番目に大きい国有林です。13世紀頃からこの森を対象とした林業は始まっており、河川(ドゥー川、ソーヌ川、ローヌ川など)の水運を利用して地中海まで木材が運ばれていました。この森が広がるフランシュ=コンテ地域圏がフランス領となったのは17世紀の後半のルイ14世の時代です。