ノレイアの戦い

ノレイアの戦いは、キンブリ・テウトニ戦争(前113年〜前101年)中の前112年、ノリクムのノレイアにて、共和政ローマとキンブリ人・テウトニ人同盟勢力の間で行われた戦いです。ローマ側がだまし討ちでキンブリ・テウトニ勢力の殲滅を目論むも、策略に気づかれたことで逆に相当な被害を受けてしまう結果になりました。

 

戦争の背景

紀元前120年から紀元前115年にかけ、スカンディナヴィア半島一帯に居住していたキンブリ人が南下を開始し、地中海世界のローマ勢力圏を脅かすようになりました。紀元前113年には、ローマの北方防衛戦であるノリクム属州のドナウ川まで到達し、周辺に住んでいたタウリスキ族はこれを押さえることが出来なかった為、ローマに救援を求めました。

 

戦争の結果

ローマ側は執政官グナエウス・パピリウス・カルボを指揮官として、ノリクムに防衛戦を構築。そしてキンブリ人・テウトニ人に対し、ローマ軍の強大さを伝え、一戦交える前に立ち退くように警告しました。キンブリ・テウトニ勢力は最初この要求に応じ立ち退こうとしましたが、カルボはそもそものこのこやってきた“蛮族”を逃がす気はなく、だまし討ちでの殲滅を目論んでいたのです。しかしこの目論見は気づかれてしまい、怒ったキンブリ人は進軍を開始。ローマ軍を圧倒し、この戦いはキンブリ族、テウトネス族の勝利と終わりました。

 

 
ページの先頭へ戻る