ロシアの地理的特徴

ロシアの地理的特徴について情報をまとめています。ロシアはヨーロッパ地域(ヨーロッパロシア)とアジア地域(シベリア)に分けられ、その地形・風土は以下要素により構成されています。

 

 

ロシアの地形や風土

気候

全体的に大陸性気候が支配的で、東方にいくにつれその傾向が強くなりますが、西方(ヨーロッパ・ロシア部)は大西洋気候の影響で比較的温和です。

 

北は北極海、東はベーリング海、北太平洋と接しています。

 

河川

ヨーロッパ部の主要河川

ドン川/ヴォルガ川/カマ川/オカ川

 

アジア部の主要河川

オビ川/エニセイ川/レナ川/アムール川

 

ロシアには多数の湖が存在しますが、最も有名なの世界一水深の深い湖としてしられるバイカル湖です。また自然の湖だけでなく、ソ連時代にダム建設のために作られた人工湖も存在します。

 

山・丘

ウラル山脈はヨーロッパとアジアの境界になっており、南の国境にはヨーロッパ最高峰のエルブルス山擁するカフカース山脈が通ります。

 

平野

ヨーロッパ・ロシア部分は「東ヨーロッパ平原(ロシア平原とも)」と呼ばれる平原が広がっています。

 

南部のステップから北は広大な針葉樹の森が広がっています。

 

  • ゼムリャフランツァヨシファ
  • ノヴァヤゼムリャ
  • セヴェルナヤ・ゼムリャ諸島
  • ノヴォシビルスク諸島
  • ウランゲル島
  • サハリン(樺太)
  • クリル諸島(千島列島)※日本と領土係争中