チェコと中国の関係

両国の外交関係は、1919年中国がチェコスロバキア共和国を承認したところから始まりました。その後中国は、当時チェコスロバキアが東欧有数の工業国※であったことから、同国から多くの産業設備や武器を購入し、軍隊の近代化を推し進めているのです。

 

※チェコスロバキアはもともとオーストリア帝国の武器製造の中心地だった。

 

そして1949年中華人民共和国が成立すると、チェコスロバキアは最初にこれを承認した国の1つとなり、中国にとってのチェコスロバキアはソ連と東ドイツに次ぐ貿易相手国となりました。

 

関係の悪化

しかし戦後のチェコスロバキアはソ連の衛星国だったので、中ソ対立の激化にともない、両国の距離は離れていきました。

 

1968年にはソ連のチェコスロバキア侵攻を受けては、当時の外務大臣周恩来は北京のルーマニア大使館で演説を行い、ソ連を名指しで「ファシスト政治」「社会帝国主義」などと強く非難しています。

 

関係の改善

ソ連崩壊後、1993年にチェコスロバキアが解体され、チェコ共和国が成立した後は、両国の関係は急速に改善していきました。

 

1996年には1つの中国政策を認め、20世紀に入り政治的な対立はたびたび起こりつつも、ビジネスや観光を中心とした経済交流についてはい一貫して続けられています。

 

ただ中国はチェコが台湾との友好関係を重視しているを良く思っておらず、2020年には90人のチェコ代表団が台湾を訪問したことに対し

 

「重い代償を支払う」

 

というかなり強めの脅しともいえる抗議声明をだすなど、政治的には良好とはいえないのが実情です。