ドイツ文学の特徴や有名な作品

ドイツ文学とは、ドイツ語で書かれた文学の総称と定義することができます。すなわちドイツ連邦国内に関わらず、ドイツ語圏のオーストリアやスイスで書かれた文学も含んでいることに注意が必要です。

 

 

ドイツ文学の簡易年表

8世紀

古高ドイツ語で書かれた『メルゼブルクの呪文』が登場する。キリスト教化以前の異教時代の文物として大変希少価値が高い。

 

15世紀

イタリアルネサンスの影響がドイツにも伝わり、ヒューマニズム(人文主義)を主題にした作品が多く書かれるようになる。

 

16世紀

ドイツを中心に宗教改革が巻き起こり、ルターによりドイツ語訳された聖書が大量に出回ったことで、新高ドイツ語の発展が大きく促された。

 

17世紀

宗教改革以来の宗教対立の激化や、それに端を発する三十年戦争の拡大など、17世紀は荒れた世情を反映した作品が目立つ。三十年戦争を題材にしたドイツ文学作品としては『阿呆物語』(1668)が有名。

 

ドイツ文学の有名作品一覧

  • 作者不詳『ヒルデブラントの歌』(850年頃)
  • 作者不詳『ニーベルンゲンの歌』(1190~1205年)
  • シュトリッカー『司祭アーミス』(1240年頃)
  • ブラント『阿呆船(あほうぶね)』(1494年)
  • グリンメルスハウゼン『ジンプリチシムス』(1668年)
  • シラー『ワレンシュタイン』(1798〜99年)
  • ヘッセ『デミアン』(1819年)
  • トーマス・マンの『ブデンブローク家の人々』(1901年)
  • ツワイク『グリーシャ軍曹をめぐる争い』(1927年)
  • アーノルト・ツワイクの『グリーシャ軍曹をめぐる争い』(1928年)
  • ゼーガース『第七の十字架』(1942年)
  • ギュンター・グラス『ブリキの太鼓』(1959年)
  • マルティン・ワルザー『子供時代の弁護』(1991年)