ベルギーの有名な河川一覧【最長の川は?】

ベルギーの主要河川としては、マース川、サンブル川、スケルデ川などが挙げられます。ここではこれら主要河川の情報を簡潔にまとめています。

 

 

マース川(最長)

延長:950 km
水源:フランス北東部ロレーヌ地方ラングル高地
河口・合流先:北海

 

フランスに発し、ベルギー東部を北流し、オランダから北海に流入する川。中流部ではベルギー炭田が広がっている。フランスでは「ムーズ川」と呼ばれ、川名の起源は古代ローマ時代の呼称「Mosa川」。流域のワロン工業地帯は大陸ヨーロッパで最初に産業革命を達成した場所として有名。

 

サンブル川

延長:193 km
水源:フランス北部アルデンヌ高原
河口・合流先:

 

フランス北部のアルデンヌ高原に水源を持ち、北流してベルギー領に入る川。ムーズ川の支流。古くから水路として利用されている。ベルギーでは流域で炭田が発達しており、産業革命期には重要な役目を果たした。

 

スケルデ川

延長:430 km
水源:フランス北部アルトア丘陵南東部
河口・合流先:北海

 

ベルギー西部フランドル地方を流れる川。水量が豊富で水運に適しているため、国際河川として利用される。沿岸ではアントウェルペン、ヘント、トゥールネーなどの都市が発達。かつては神聖ローマ帝国とフランス王国の国境としても機能していた。