チェコの地理的特徴

中央ヨーロッパに位置する内陸国チェコの地理的特徴について情報をまとめています。ボヘミア高原を国土とするチェコの地形や風土は以下の要素により構成されています。

 

 

チェコの地形や風土

面積

7万8,866平方キロメートル

 

国境

北:ポーランド
東:スロバキア
南:オーストリア
西:ドイツ

 

気候

温和な大陸性気候が支配的ですが、西部では西岸海洋性気候の影響もみられます。

 

河川

主要河川はラベ川(エルベ川)、ヴルタヴァ川、モラヴァ川、オーデル川など。とりわけラベ川流域では小麦・大麦・ジャガイモ・テンサイなどの農業が営まれています。

 

山・丘

チェコの国土の大部分は平坦な丘陵地になっており、ズデーテン山地にある標高1,602mのスニェジカ山が最高峰です。またスデティ山麓では繊維・ガラス製造工業がさかんです。

 

平野・平原

ラベ川沿岸は肥沃な平地となっており、ここでは小麦やテンサイの栽培がさかんなことから「黄金の地帯」と呼ばれています。