ルネサンス時代

ルネサンスは近代世界の存立すべき理由の解き放ちであった。

 

ドイツ哲学者ヘーゲル(1770〜1831年)

 

 

ルネサンス時代とは、14〜16世紀にわたるヨーロッパで文化的な革新運動が起こった時代です。イタリアから西ヨーロッパ各国に広まっていき、思想・宗教・文学・科学・美術・建築・音楽など広範な文化領域で飛躍的な発展が起こりました。

 

そしてルネサンス期ヨーロッパの天文学・地理学の発達、科学技術の発展、羅針盤の発明などが、15世紀後半からの大航海時代を切り開き、ヨーロッパが世界をリードしていく近代社会への移行を準備することになります。

 

 

ルネサンスの背景

「ルネサンス(Renaissance)」とはフランス語で「再生」を意味していますが、この運動が古典古代文化の「復興」を目的としていたことから、一般的に「文芸復興」と訳されます。

 

「復興運動」のきっかけ

中世を通して行われたキリスト教の拡大は、ヨーロッパの「共同体」としての側面を強めたものの、しだいにローマ教会の強すぎる権威の下、人々は窮屈さを感じるようになっていました。

 

そんな中で、「ヒューマニズム (人文主義)」 と「個性」を尊重する、中世のしきたりにとらわれない自由な市民文化・・・すなわち古代ギリシャ・ローマの古典文化を「復興」させようという風潮が強まっていったのです。

 

ルネサンスの勃興

初期ルネサンスは、北イタリアの「都市共和国(コムーネ)」がその担い手となりました。当時のコムーネは、東方貿易による繁栄を背景に、皇帝権から独立した「自由都市」となっており、まさに回帰を目指す古代ギリシャの「都市国家(ポリス)」と似た性格を持っていました。

 

さらに

 

  • 東方オリエント世界には古典古代文化が多く保全されており、コムーネは交易を通してそれらに触れる機会に多く恵まれた。
  • イタリアが古代ローマ発祥の地であったことから、建造物など古代ローマの遺産が多く保全されていた。

 

ことなどもあり、イタリアには「復興運動」のためにはこれ以上ない絶好の環境・条件が整っていたのです。

 

ルネサンス文化の担い手

ルネサンス期に目立った繁栄をみせたコムーネとしては、フィレンツェ、ミラノ、ローマ、ヴェネツィア、ナポリ、フェッラーラなどが挙げられ、これらの都市からダンテ、ミケランジェロ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ガリレオ・ガリレイなど歴史に名を残す芸術家・科学者が輩出されています。

 

またメディチ家など都市支配層の富裕市民が、芸術家に積極的に資金援助をし、ルネサンス文化を育てる上で大きな役割を果たしました。

 

ルネサンスの衰退

東方貿易の要であった東ローマ帝国が、1453年オスマン帝国に首都コンステンティノープルを攻め落とされ滅亡しました。このことで東地中海地域がオスマン帝国の支配下となり、イタリアの交易都市は大打撃を受けます。

 

そして都市国家として衰退すると、周囲の中央集権的な広域国家の干渉を強く受けるようになり、その影響で15世紀後半には、従来のルネサンス文化の特徴といえる「自由」な性格は失われていました。

 

とどめには1527年、神聖ローマ皇帝の軍勢がローマを占領し、殺戮、強奪、破壊の限りを尽くした(ローマ劫掠)ことで、イタリアルネサンスは終焉に追いやられたのです。

 

ルネサンスの中心は西ヨーロッパへ

しかしイタリアルネサンスが終了すると、今度はアルプスを越えて西欧諸国にルネサンス文化の中心が移り、国ごとにその文化傾向に応じた独自のルネサンス文化が育まれていきました。とくに神聖ローマ帝国ではルネサンス下の聖書研究を通して、宗教改革に結びついたことは重要です。

 

 

ルネサンス時代に関する記事一覧

dummy
ルネサンス時代はいつからいつまで?

世界史で「ルネサンス」という言葉が出てくるときは、一般的には14-16世紀の文芸復興運動、またはその期間そのものを指しています。ここでは、時系列でルネサンスを概観してみます。12世紀ルネサンス12世紀に西ヨーロッパで起こった一連の文化的な躍進を、12世紀ルネサンスと呼ぶことがあります。これは、1096年に第一回十字軍が起こされ、ヨーロッパがイスラム圏の文化に接触したことが大きなきっかけになりました...

Read More
dummy
ルネサンスが起こった原因とは?

2世紀以降のヨーロッパでは、ローマ帝国の版図の拡大に伴って、政府と深く癒着した教会が絶大な権力を持つようになりました。教会が自分たちの権利を保つために宗教的な信条を利用したこともあり、個人の自由や権利や娯楽を楽しむ余地が失われ、教会を中心とした価値観が形成されてゆきました。しかし、11世紀に始まった十字軍遠征が失敗に終わったことにより、教会の権威は大きく低下しました。それまで教会や領主の管理下の生...

Read More
dummy
ルネサンスの歴史的意義とは?

中世のヨーロッパ社会は、カトリック教会とそれを利用した封建社会制度の上に成り立っていました。そこでは個人の権利や個性の表現は二の次にされていました。ルネサンスとそれに続く宗教改革は、個を尊重する考え方を生み出し、近代社会の基礎である「人権」という考え方につながっています。例えば、ルネサンスの時代以降、自分が描いた絵や書いた楽譜、出版した本などにサインや名前を入れる習慣が生まれました。これは「著作権...

Read More
dummy
ルネサンスがイタリアで始まった理由とは?

ルネサンス(Renaissance)とは、14世紀から16世紀にかけての中世ヨーロッパで起こった、かつて栄華を極めた古代ギリシャ・ローマ文化を復活させようとする運動のことです。イタリア・フィレンツェを中心に起こり、やがてヨーロッパ各国に広がっていきました。復興運動の分野は美術、音楽、哲学、建築、文学など多岐にわたり、それぞれの文化発展に寄与。レオナルド・ダヴィンチ、ダンテ、ミケランジェロ、ボッカッ...

Read More
dummy
ルネサンス時代の三大発明とは?

ルネサンスの三大発明は、いずれも中国に起源をもつものですが、ヨーロッパで改良され実用化されていったものです。火薬最初の火薬である黒色火薬は、9世紀の中国で不老不死の薬を作ろうとする錬丹術の副産物として生まれ、武器として実用化までされました。ヨーロッパでは、13世紀ごろには初期の大砲が開発されました。15世紀にはマスケットと呼ばれる火縄銃も完成し、この新しい武器の浸透は、騎士の時代の終わりを告げるも...

Read More
dummy
ルネサンスがキリスト教におよぼした影響とは?

ルネサンス以前の時代は、ローマ・カトリック教会の思想は神を絶対視し、人を罪深いものとして、世俗の欲から離れて清貧と貞潔を奨励するものでした。中世の修道院は、俗世から離れて苦行を積むための場所でした。しかしルネサンスの時代、カトリックの頂点である教皇たちはこれらの思想に反して、戦争や汚職で富を築き、贅沢品に囲まれた豪奢な生活をするようになりました。この時の教皇たちを特に「ルネサンス教皇」と呼び、カト...

Read More
dummy
ルネサンス時代の音楽の特徴とは?

音楽的なルネサンスは、15世紀のイギリスの作曲家ダンスタブルが、イギリス独自の和音技法をフランスやイタリアに伝えたことで始まりました。フランスは高度なリズム理論、イタリアは美しい旋律の技法を発展させていて、三者が統合されたことで音楽は次の段階へと進むことができたのです。特に、ブルゴーニュ楽派と呼ばれる、おもにブルゴーニュ公国で活動していた作曲家たちが音楽の発展に大きく貢献しました。ギヨーム・デュフ...

Read More
dummy
ルネサンスが大航海時代に与えた影響とは?

ルネサンスとは14世紀から16世紀の間に西ヨーロッパを中心に起こった古典文化(古代ギリシャや古代ローマの文化)復興運動のことです。東西貿易により発展したイタリア諸都市に始まり、西ヨーロッパ全土で思想・宗教・文学・科学・美術・建築・音楽など広範な文化領域で飛躍的な発展がみられました。そして大航海時代とは15世紀後半より開始された、西ヨーロッパ諸国による「地理上の発見」が展開された時代のことです。コロ...

Read More
dummy
ルネサンスがヨーロッパ史にもたらした影響とは?

ルネサンスとは、14世紀から16世紀にかけてヨーロッパで起こった古典文化(古代ギリシャ・ローマ文化)復興運動のことです。まず東西交易により繁栄したイタリア諸都市で発祥し、やがてその運動の中心は西ヨーロッパへと移行していきました。ここではこの社会現象がヨーロッパ世界にどのような影響をおよぼしたのか解説していきます。ルネサンスが起こった理由中世というのはキリスト教全盛の時代。キリスト教の拡大はヨーロッ...

Read More
dummy
フランスにおけるルネサンスの特徴

フランスのルネサンスは15世紀末から17世紀初頭にかけて、イタリアルネサンスがひと段落した後に展開されました。16世紀にはフランス国王主導の文芸保護政策が開始され、ヴァロワ朝はレオナルドダヴィンチなどのイタリアの優れた画家を宮廷に招くなどして、フォンテーヌブロー派と呼ばれる画家グループを育成しました。フランスルネサンスの特徴フランスルネサンスの特徴はイタリアとそう変わらず、人間性(ヒューマニズム)...

Read More
dummy
ルネサンスが日本に与えた影響とは?

ルネサンスは14世紀から16世紀にかけて、ヨーロッパで勃興した古典文化復興運動です。ヨーロッパで発祥したルネサンスが、極東の日本に対し、何か直接的に影響したわけではありませんが、間接的には実に様々な影響をおよぼしています。ヨーロッパ文化の流入ルネサンス期の天文学・地理学の発達、羅針盤の発明といった科学的発展は、のちの大航海時代における長距離航海を助けました。大航海時代、日本にやってきたヨーロッパ人...

Read More
dummy
ルネサンス時代の絵画の特徴とは?

ルネサンスは14世紀から16世紀にかけてヨーロッパで起こった古典文化復興運動です。ルネサンス期を通して西欧絵画は革新を続け、レオナルドダヴィンチ、ミケランジェロなど人類史に名を残す画家が誕生しています。ルネサンス絵画の特徴ルネサンス最大の特徴といえば、キリスト教中心の世界の打破であり、絵画にはその影響がダイレクトに現れています。ルネサンス以前のヨーロッパはキリスト教が中心の世界で、絵画においてもキ...

Read More
dummy
ルネサンス時代の三大画家とは?

ルネサンス時代に活躍した名画家はたくさんいますが、あえて「三大画家」を選出するとしたら、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロの3人が挙げられるのではないでしょうか。彼らはともにルネサンス古典主義芸術を追及し、完成させた人物として知られます。レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452〜1519年)イタリア・フィレンツェ出身の画家で、『最後の晩餐』『モナ・リザ』などで有名です。多方面に才能を発...

Read More
dummy
ルネサンス時代の文学作品の特徴とは?

ルネサンス期には文学方面でも革新・発展がみられ、14世紀から16世紀にかけてのルネサンス期に普及した文学全体を指してルネサンス文学と呼びます。古代ギリシャ・ローマの古典文学、人間中心の世界観、現世的な写実などの特徴を持ち、14世紀イタリアに始まり、西ヨーロッパ全域に普及。第一次情報革命といわれる活版印刷術の発明もルネサンス文学の発展を助けました。

Read More
dummy
ルネサンス絵画の成立と遠近法の発明

ルネサンス時代には、とりわけ絵画の分野において大きな技術革新がありました。その一つが線遠近法の開発です。立体的で奥行きのある三次元空間を、二次元平面上(絵画や図面など)に描き写すうえで欠かせない技法です。ルネサンス絵画がルネサンス絵画と呼ばれる所以は「遠近法が使われていること」といっても過言ではないでしょう。遠近法発明の歴史遠近法はイタリア・ルネサンスから始まり、チマブーエ(1240-1302)と...

Read More
dummy
ルネサンスの思想的特徴〜ヒューマニズムとは何か〜

ルネサンスとは14世紀から16世紀の西ヨーロッパで起こった古典文化復興運動で、その運動を背景に文化的な革新・発展が続いた時代のことです。地理上の発見や宗教改革へと繋がった世界史的にも非常に重要な出来事といえます。ルネサンスの思想とはルネサンスの背景には、「教会の権威や神中心の世界を否定し、人間中心の古代ギリシャやローマの古典文化を理想とし、新しい文化を創造する」という思想があります。この人間中心の...

Read More
dummy
ルネサンス期の彫刻の特徴とは?

ルネサンス彫刻は、古代ギリシャや古代ローマ時代の古典美術を手本として発展し、ギリシア神話やローマ神話を題材にした作品が多いのが特徴です。人間性重視の彫刻とは?ルネサンス文化とは、神中心主義の反動で生まれた人間中心主義(ヒューマニズム)の思想が中核にあるため、人間の力強さや美しさを象徴した作品が多いのです。例えば人間性を尊重した裸体表現・写実的な作品だとか、優しい微笑を浮かべた人間らしい表情の作品だ...

Read More
dummy
ルネサンス期の天文学的進歩とは?

ルネサンス時代の天文学的進歩といえば、コペルニクス(1473年〜1543年)が天体観測に基づいて『天球回転論』と呼ばれる地動説を提唱し、認められたことでしょう。地動説とは地動説とは宇宙の中心は太陽であり、地球は他の惑星の一員として、太陽の周囲を自転しつつ公転している・・・という宇宙観のことです。実はこの宇宙観自体は古代ギリシア時代にはすでに存在した※のですが、キリスト教全盛の中世には、「地球は宇宙...

Read More
dummy
ルネサンス期の日本は何時代?

ルネサンス時代は14世紀から16世紀にかけて西ヨーロッパで勃興した古典文化復興運動です。この時代には科学・文化・政治などあらゆる分野で飛躍的発展がみられ、近代以降ヨーロッパが世界をリードする原動力になりました。日本史とルネサンスルネサンス期の地理学・天文学的発展は、船による長距離航海を可能にし、ヨーロッパ列強がこぞって海外に進出する「大航海時代」の幕開けに繋がりました。大航海時代になると日本へもヨ...

Read More
dummy
ルネサンスがのちの産業革命に与えた影響とは?

産業革命とは、18世紀後半から19世紀末にかけてヨーロッパで起こった、農耕社会から工業社会への急速な転換現象のことです。始まりは18世紀イギリスでしたが、19世紀以降はフランスやドイツなど他のヨーロッパ諸国も追いつけ追い越せとばかりに工業化を遂げていきました。産業革命によりあらゆるものが機械化され、ヨーロッパにおける生産量や貿易規模は世界でも抜きんでたものとなりました。そしてより多くの資源を得るた...

Read More
dummy
ルネサンスがキリスト教におよぼした影響とは?

ルネサンスはヨーロッパ全土の文化に大きな影響を与えました。ここでは特に、キリスト教に与えた影響についてまとめています。聖職者たちへの影響ルネサンス以前の時代は、ローマ・カトリック教会の思想は神を絶対視し、人を罪深いものとして、世俗の欲から離れて清貧と貞潔を奨励するものでした。中世の修道院は、俗世から離れて苦行を積むための場所でした。しかしルネサンスの時代、カトリックの頂点である教皇たちはこれらの思...

Read More
dummy
ルネサンスが起こった原因とは?

ここでは、ルネサンスが起こった原因と時代背景について簡単にまとめます。十字軍遠征の失敗とパトロンの土壌2世紀以降のヨーロッパでは、ローマ帝国の版図の拡大に伴って、政府と深く癒着した教会が絶大な権力を持つようになりました。教会が自分たちの権利を保つために宗教的な信条を利用したこともあり、個人の自由や権利や娯楽を楽しむ余地が失われ、教会を中心とした価値観が形成されてゆきました。しかし、11世紀に始まっ...

Read More
dummy
ルネサンスの歴史的意義とは?

ここでは、ルネサンスの歴史的意義について簡単にまとめます。個人の権利の尊重と「美」の基準中世のヨーロッパ社会は、カトリック教会とそれを利用した封建社会制度の上に成り立っていました。そこでは個人の権利や個性の表現は二の次にされていました。ルネサンスとそれに続く宗教改革は、個を尊重する考え方を生み出し、近代社会の基礎である「人権」という考え方につながっています。例えば、ルネサンスの時代以降、自分が描い...

Read More
dummy
ルネサンス時代の音楽の特徴とは?

音楽的なルネサンスは、15世紀のイギリスの作曲家ダンスタブルが、イギリス独自の和音技法をフランスやイタリアに伝えたことで始まりました。フランスは高度なリズム理論、イタリアは美しい旋律の技法を発展させていて、三者が統合されたことで音楽は次の段階へと進むことができたのです。特に、ブルゴーニュ楽派と呼ばれる、おもにブルゴーニュ公国で活動していた作曲家たちが音楽の発展に大きく貢献しました。ギヨーム・デュフ...

Read More
dummy
ルネサンス時代はいつからいつまで?

世界史で「ルネサンス」という言葉が出てくるときは、一般的には14-16世紀の文芸復興運動、またはその期間そのものを指しています。ここでは、時系列でルネサンスを概観してみます。12世紀ルネサンス12世紀に西ヨーロッパで起こった一連の文化的な躍進を、12世紀ルネサンスと呼ぶことがあります。これは、1096年に第一回十字軍が起こされ、ヨーロッパがイスラム圏の文化に接触したことが大きなきっかけになりました...

Read More
dummy
ルネサンス時代の三大発明とは?

ルネサンスの三大発明は、いずれも中国に起源をもつものですが、ヨーロッパで改良され実用化されていったものです。火薬最初の火薬である黒色火薬は、9世紀の中国で不老不死の薬を作ろうとする錬丹術の副産物として生まれ、武器として実用化までされました。ヨーロッパでは、13世紀ごろには初期の大砲が開発されました。15世紀にはマスケットと呼ばれる火縄銃も完成し、この新しい武器の浸透は、騎士の時代の終わりを告げるも...

Read More
ページの先頭へ戻る