農業革命

農業革命とは、資本主義農業の成立により起こった、輪作と囲い込みによる農業技術の変革と、それにともなう農業生産性向上および土地制度の刷新のことです。

 

一般的には18世紀のイギリスで、産業革命と同時進行で行われたものを指しますが、同様の現象は、同時期の西ヨーロッパ全体で見られました。

 

農業革命の影響

ノーフォーク農法(四輪作法)を始めとする新農法の普及、「第2次囲い込み(エンクロージャー)」による農地利用の効率化を背景として、農業生産が飛躍的に向上し、世界で初めて資本主義的大農経営が確立されました。

 

資本主義社会へ

中世以来の三圃式開放耕地が姿を消し、「三分割制」とよばれる土地制度が確立。さらに土地を失った農民が工業労働者に姿を変え、農業革命はヨーロッパ社会が資本主義社会に変貌する大きな転機となったのです。

 

 
ページの先頭へ戻る